ぶつぶつ・・・。 らんちゅうの蘭ちゃん。穴あき病から松かさ病へ。そして・・・
ジャンルわけなんてできないですね。「ぶつぶつ」ですから・・・。
No,

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
No,1037

らんちゅうの蘭ちゃん。穴あき病から松かさ病へ。そして・・・

 先ほどの記事は練習みたいなものでして。今日の本題はコチラ。

 年末から年始にかけて実家に帰省したことで4~5日ほったらかしだった我が家の水槽。帰ってきてみるとチビッコディスカス全滅&蘭ちゃん穴あき病ってことは以前にお話ししたとおり。ココへ帰ってきた1月4日夕方からずーっと40cm水槽で隔離治療してきた蘭ちゃん。3週間ほどで穴あき病が回復に向かったにもかかわらず、今度は運動不足から松かさ病を発症。治療薬をグリーンFゴールドリキッドからエルバージュに変更。松かさのように開いた鱗は開いたり閉じたりの連続。少々気になったのは蘭ちゃんがどんどんどんどん太っていくこと。横幅が半端じゃない!よくよく見ると鱗の付け根に・・・というか身体全体に水疱が。松かさ病って、鱗の付け根に水疱が出来ることによって引き起こされるんですね。
 それでも、エルバージュの有効期間である3日間が過ぎた頃に水を換えて新しく投薬。すると翌朝には鱗が一旦落ち着くが3日目にはまた開く。慌てて水を換えて、投薬してまた3日間・・・・。こんな事を続けていたこの1ヶ月でしたが、先日3月5日水曜日。帰宅してみると蘭ちゃんは絶命しておりました(;´д` )。2ヶ月の治療期間と5千円弱の投薬もむなしくこの世を去りました。遺体の腹部はもうプルンプルン。身体全体がゼラチン質にでもなったかのような、そんな遺体でした。

 この先は一部、絶命の直前の蘭ちゃんの画像が出て参りますので、特に飼育に役立たせようとお思いでない方は先へ進まないことをおすすめします。
 穴あき病の原因菌はカラムナリス(確か)。常駐菌である奴らとストレスが組み合わさったときに発病するという。あ、勿論水質悪化という手伝いもあってね。考えてみれば、蘭ちゃんはクラウンローチ群5匹の中の一番チビッコ、ちびかなさんに追い回されてばかりの毎日。私がいなかった5日間で、餌が不足したことも手伝ってより一層追い回されたようで、帰ってきたときには背中はボロボロ。
 これを治療するために隔離したのは良いけれど、今度は松かさ病。これは運動不足が引き金になるそうで・・・。確かに隔離した後の蘭ちゃんはほとんど動かなかった。穴あき病がほぼ完治していただけに、松かさ病発症は実に口惜しい。『完全に治ってから戻そう』と考えている間に運動不足が祟ったようだ。
 2週間前にはひっくり返るようになった。下の写真はその当時の写真である。
20080303001.jpg
 言っておきますが、まだ生きています。水が黄色いのはエルバージュの色。鱗、かなり逆立っていますでしょう?鱗の間から水疱もはみ出てきちゃっています。
 もうちょっと患部(の一部)をアップにしてみましょう。
20080303002.jpg
 人間で言ったら脱腸?というくらい水疱が晴れ上がって、一部はそれがもう破裂していました。
 こんな状態でも餌は食べました。エルバージュの効き目が無くなってきてからは、餌にグリーンFゴールドリキッドを直に染み込ませて食べさせても見ました。しかし時既に遅し・・・というか、もしかしたら薬を染み込ませた餌で、また薬殺してしまったか?


 小学生の頃、国語の教科書で戦時中の上野動物園の象の話を思い出した。爆撃で檻が破れたら猛獣が街に放たれるとあって次々と動物を殺した時の話であるが、象の花子は毒入りリンゴを食べなかった。どうもあれが印象に残っているようで、もしも薬入り餌が適していないのなら食べないだろうと思っての給餌であったが、象とランチュウじゃ脳が・・・。今更思い出したが、ライオンなどは毒入りの餌を食べて死んだんだった。

 もしかして、まぁたやっちゃたのかなぁ・・・。なんか別の治療をしたら、この状態から復活したのかも知れないなぁ・・・なんて思うと、また自分を責めるKtaroでありました。
【2008/03/06 18:01】 お魚物語 | トラックバック(0) |
コメント(4)
どりーみー/ Ktaro/ 赤斑病患者/ Ktaro/ 
comment
♥  わー。
松かさ病でしたか・・・
こんなに腫れてうろこが離れているのはひんぱんに松かさ病を体験した私でも見たことありません。

私も以前松かさ病を直したと感じたことがあったのですが
その時の治療法は、毎日新しい水と薬を取り替えるというものでした。
これはKtaroさんも水を替えるとうろこが良くなると体験なさったのですね。
それで多分直るのでしょうが、
直っても怖くて元の水槽に戻すことが出来ませんでした。
それで直ったと思って手を抜いていたので、結局は松かさ病が再発で亡くなりました。
松かさ病は本当に嫌です。穴あき病も同じ菌なんですよね。

【2008/03/10 19:53】 url[どりーみー #JalddpaA] [ 編集]
----------------------------------------
♥  To どりーみーさん
 よく耳にする病気はだいたい同じ菌が原因ですよね。私も毎日交換して・・・とも思ったのですが、治療薬の高さからケチってしまいました。
 松かさ病自体、伝染性は低いようですが、治療用の水槽に比べて本水槽はどうしても水が汚いですから戻しにくいですよね。
 

【2008/03/11 07:10】 url[Ktaro #xs9SEtpE] [ 編集]
----------------------------------------
♥  
聞きかじったことなんですが松かさは菌が体内に入ることで起きるらしいです
なので薬浴などはあまり効果が出ないらしく病気自体もしつこい種類なので直せるのは五分五分らしいですよ

【2009/08/25 21:29】 url[赤斑病患者 #-] [ 編集]
----------------------------------------
♥  To 赤班病患者さん
 五分五分ですかぁ。でも、まつかさ病=即、死
ではないでしょうから、やはり私が薬殺したのかしら?でも、今思えばあの水ぶくれのようなものは何だったんだろう?

【2009/08/26 17:42】 url[Ktaro #xs9SEtpE] [ 編集]
----------------------------------------
投稿













管理者にだけ表示を許可する




trackback
trackback url ↓
http://f515.blog17.fc2.com/tb.php/1037-2742f912



| ホーム |
アクセスカウンター

アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

CalendArchive

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
独身・フリー
62位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
独身生活
36位
アクセスランキングを見る>>

最近のコメント

リンク

※半年間無更新で削除してます。再開しましたらご連絡くださいね。

このブログをリンクに追加する

左クリックで餌をあげてね

ブログ検索


Copyright(c) Ktaro All Rights Reserved /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。