ぶつぶつ・・・。 4泊5日北海道の旅 三日目(函館→トラピスト修道院)
ジャンルわけなんてできないですね。「ぶつぶつ」ですから・・・。
No,

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
No,1166

4泊5日北海道の旅 三日目(函館→トラピスト修道院)

 おはようございます。というか、もはやこの最初の挨拶は記事の仕上がり時には全く関係無くなってきていますね。とにかく旅行の1日分の写真の整理と記事を書き上げるのに4時間かかっちゃうモノですから、学校が始まってしまった今となっては一気に仕上げることが出来ません。
「帰ってきてから夜にやればいいジャン。」
「アホ!御飯食べるだろ?たいてい毎晩お客さんいるだろ?10時過ぎに帰るだろ?それから書いたら2時過ぎちゃうよ。」
 この3日目の写真はブログ用に整理した分だけで95枚ほど。今回もまた数回に分けての記事のお届けとなりそうです。今朝の起床は4時50分。メロシー回って写真整理してただ今6時14分。朝の内にどこまで書けるかな?とりあえずシャワー浴びて出勤準備を終えてから書き出すことにしますよ。
 ハイ。6時39分です。およそ40分ほど作業が出来ますね。
20080808001.jpg
 3日目の朝です。6時頃だったかな?相方はまだ夢の中でしたので一人で窓から朝の海を撮影です。
20080808002.jpg
 前の晩にはここで夜釣りをしている人がお風呂から見えました。高校時代、パチンコも負け続けですることがなくなり『釣りでもしてみるか』とこの砂浜へやって来て小さなカレイを釣ったことがありましたが、後で聞くとこの辺は温泉宿の垂れ流しが潮の関係で溜まっているとのことで、普通はここで釣った魚なんか食べないとのことでした。あのおじさん、知らなかったのかな?それとも今は垂れ流していないのかな?
20080808003.jpg
 これは何漁でしょう?随分と軽装な漁船ですからウニとか昆布とかその類でしょう。
20080808004.jpg
 寝ている相方をまたぎながらの撮影です。手前部分に和室があって、奥にお風呂があります。カーテン閉めないと部屋の中から丸見えです。なんでこんな造りなんでしょうか?
 ようやく相方も起きだし、7時に予約を入れていた朝食へ向かいます。この日の宿である湯の浜ホテルは、同じホテルの中でもいくつかの棟に分かれており、修学旅行生などでも利用できる安価なお部屋の棟と、今回私が泊まったこの棟では朝食会場も別になっており、お部屋食ではないものの和室にてすでにテーブルに準備されている御飯を頂きました。和室は確か20畳ほど。窓からは朝の海が眺められ、おまけに他のお客さんがまだいなかったのでゆったりとした気分で御飯を頂けました。ホテル食であるにもかかわらず、朝のイカ刺しはイカそうめんにも匹敵するほどの歯ごたえ。大満足です。ちなみにイカ刺しとイカそうめんの違いですが、イカ刺しは表側の皮を1枚剥いで細切りにしたもの。イカそうめんは皮を1枚剥いだ後、もう1枚残っている薄皮(これがヌルヌルのもと)もはぎ取り、さらには身を2枚におろしてから細切りにしたものとなります。
 どうせ人がたくさんいる中での朝ご飯だと思っていたのでカメラを持って行かなかったのが残念です。
20080808005.jpg
 この日は12時までにチェックアウトすれば良かったので午前中もゆったり。昨日、帰ってくるのが遅れて景色を楽しめなかったので、朝からお風呂に入ることに。でも、車での移動を控えているのでお酒はなしです。このお部屋は3階で、窓を開けているとすぐしたの砂浜に来ている学生の声が気になりましたが、すぐにいなくなったので窓を開けて朝風呂を満喫。結局11時頃までお部屋にいましたよ。

 この日の夜に泊まるお宿はこのホテルから歩いて1~2分のところにありまして、先日歩いて電停に向かう際に立ち寄って早くから車を預かってもらうことにしていたのですが、昨日既にあちこち歩いて見て回っていたのでこの日は渡島当別のトラピスト修道院まで足を伸ばすことにしました。
20080808030.jpg
 この地図、修道院の中にあったものですが、ここからはこの地図を使って説明していきますね。一番下の所に右上がりの直線道路がありますが、これが国道。右上の方が函館市内です。
20080808031.jpg
 丸印の場所に到着したところで目の前にすばらしい風景が広がりました。
20080808006.jpg
 今から20年ほど前の高校時代、原付の免許を取って友人とココまで来たことがあったのですが、その頃のトラピスト修道院はだだっ広い農地の中にポツンと一つ、東屋のような建物があり、その中にちょこちょこっと修道院を紹介する昔の写真が展示されていただけ。その奥はもう女人禁制となっておりましたが、当別町の協力もあってか今ではこんな立派な観光地に。
20080808007.jpg
 ね?良い感じでしょう?道路標識がちと邪魔ではありますが。
20080808032.jpg
 今の道をまっすぐ進んで丸印の所まで来ると、観光客用の駐車場とトイレ、売店などがあります。ここは駐車無料です。
20080808008.jpg
20080808009.jpg
 2枚目は今来た道を振り返っての撮影ですが、左の方に変なおじさんが写り込んじゃいましたね。
20080808010.jpg
 1896年にこのトラピスト修道院が、この宗派が日本で最初に建てた修道院で、この2年後にできたのが函館市内のトラピスチヌ修道院。それから大分など日本各地にできていったようです。
20080808011.jpg
 なんともおおざっぱな地図ですね。それにしてもさっきの風景、石別中学校の生徒は毎日見られるというのは羨ましいモノです。四季折々の色々な色が楽しめますものね。秋の紅葉や冬の白化粧など、さぞ綺麗なことでしょう。
20080808012.jpg
 今いる駐車場からまっすぐ階段で上がっていけるのですが、この建物に向かって左の方に、大きく迂回して付いている道を発見。今日はのんびり過ごせますのでそちらから順に回って見ることに。

 今いる場所が
20080808032.jpg
ここで、まっすぐ上に延びているのが階段。左斜め方向(実際にはもっとカーブしてますが)に延びている道を進んで
20080808033.jpg
ここまでやって来たところに建物がありました。
20080808013.jpg
 『受付』だそうです。これ以上給料減って俗世間にも心残り無くなったら修道士にでもなろうかな?
 この建物の前は道が二手に分かれており、左に進めばより奥の敷地へ。右の方に進むと
20080808014.jpg
先ほどの階段をまっすぐ上がったところに通じているようですので、まずはこの右の道へ進むことに。
(;´д` )
20080808015.jpg
 誰ですか?こんなところにQOOのアップルの缶を捨てていった人は。まさか修道士がこんなもの飲まないでしょう?子連れの観光客もたくさんおりましたが、ホントこういうの、やめてもらいたいですね。こういうバカが育てた子どもはやはりバカに育っちゃうんでしょうね。だって子どもにとって「親がしていること」というのは「当たり前のこと」として身に付いていくでしょうから。
20080808016.jpg
 先ほど立て札に『見学→』とあった方向に進むと、両側は高い木々が連なっております。
20080808017.jpg
20080808018.jpg
 おや?またアジサイですねぇ。やはり北海道のアジサイは8月なようです。
20080808019.jpg
 この次の週に札幌の実家に帰りましたが、そこでも咲いていました、アジサイ。でももっと白っぽかった気がするな・・・。昔、ありましたよねぇ?刑事ドラマで犯人が遺体を埋めちゃったんですが、そこに咲いたアジサイだけが周りと色が違ってばれた・・・みたいな。土壌の性質で色、変わるんですよね。
20080808020.jpg
 木々の連なりが切れたところ。あそこがさっき駐車場からまっすぐ階段を上がっていった場所になります。
20080808021.jpg
 こうして見ると、駐車場からまっすぐとは言え結構長い階段なんですねぇ。
20080808022.jpg
 こちら建物敷地側。門なんですけど中はどうなってるのかな?左右に窓が見えるって事は中はお部屋でしょう?でもアーチ型にくりぬかれているからつながってない。でも2階にも窓がありますねぇ。
20080808023.jpg
 これはわかりやすいですね。キリストさんに間違いないでしょう。ところでこのアーチの中はちょっとした展示場になっておりまして、
20080808027.jpg
20080808025.jpg
20080808028.jpg
 まぁ、本当にに『ちょっとした』なんですけど、あのお札、『祈り働け』のやつ。教室に1枚欲しいですねぇ。『学び働け』みたいなの。
20080808024.jpg
 この中には入れないんですが、柵の隙間からカメラを突っ込んで撮影してみました。
20080808026.jpg
 なんか修道院というより豪邸ですね。この建物にも何かの像が埋め込まれているようですが、肉眼で見たときには気付かなかったので撮影し忘れましたよ。
 ところで先ほどの展示物の中に、またしても
20080808029.jpg
 ルルドですねぇ。このまま階段を下りて帰ろうとしていたのですが、せっかくだからコレも見に行くことに。ところでどこにあるのかと地図を見直すと
20080808035.jpg
 今いるのが赤い○。ルルドのこの像は青い○。
「(-”-)・・・結構ありそうだな・・・・・。」
とかなんとか言いながらも行くことに。
20080808036.jpg
 さっきの受付の所まで戻ってきました。ふと敷地内に目をやると
20080808037.jpg
 結構近代化されているんですねぇ。こりゃ豪邸も建ちますわ。
20080808038.jpg
 受付の建物に向かってすぐ左側のところ。牛の放牧地がありました。見えた牛はコレだけですが、コレだけでトラピストバタークッキー作ってるのかな?
20080808040.jpg
 さて、さっきの鉄柵の奥にあった建物や受付、トラクターなどが置いてあった敷地を左からぐるりと回った感じで裏手までやって来ました。
20080808039.jpg
 ん~、ここまで車で来ても良かったのかな?登ってくる最中も数台、車が走ってきました。学生っぽい若さを感じる男の子達でしたが、顔つきは神父っぽかったかな?どこかキリスト教系の大学の生徒でしょうか?ラサールもキリスト教ですが、この時期夏休みで学生はみんな寮から追い出されて地元に帰省しているはず。どこの学生さんだろう?集まって何してるのかな?
20080808041.jpg
 郵便局もあるんですね。
20080808042.jpg
 さて、まだまだ道は続きます。
2008088043.jpg
 どうやら墓地もあるようです。
20080808043.jpg
 道は舗装されていますが、周囲の景色はだんだんと山の中モード。随分と高い木ですねぇ。いつから生えているんだろう?
20080808044.jpg
20080808045.jpg
 ちょっと大きさがわかりづらい写真ですがかなりデカイんですよ、この先の身の部分。『何だろう?』って思いましたが、どうやらお花を見る限りコレはウドのようですね。
20080808046.jpg
 これはバナナ?なわけないか(´ー`)。
0080808048.jpg
 墓地までやってきましたが、お墓参りしている家族がいたので撮影は控えることに。この墓地までは車を乗り入れることが出来るようです。『ダメ』って書いてあったけどね。
20080808048.jpg
 墓地を背にして、これから進む道を撮影。もうこの先は完全に車は入れません。バイクならなんとかなるかな。
20080808049.jpg
20080808050.jpg
 登りの途中、左側が開けていてこんな感じの野原が。もう少し斜面になってれば、大草原の小さな家のエンディングに出てきそうな野原です。
「( ̄o ̄) 何、それ?」
「( ̄△ ̄)NHKで昔やってた海外ドラマだよ。確か火曜日の夜8時からだったかな?一番古い記憶では、私はまだ3つか4つで、8時に寝かされていたからこっそりドアの隙間から居間を覗いて見てましたよ。」

 ただでさえ長い記事、先を急ぎましょう。
20080808051.jpg
20080808052.jpg
 そうこうしていると、道はどんどん山の中へ。
20080808054.jpg
どれぐらい歩いたでしょうか?何やら立て看板が。名前を見てもさっぱりですが、『赤とんぼ』は知ってますよ。『ゆうや~けこやけぇの あかと~ん~ぼ~』ですよね?でも『野ばら』って何?聞いたことはあるだろうし、この名前も知ってるけどメロディが浮かばない。『ば~らがさいた~ ば~らがさいた~』かな?
20080808055.jpg
 この看板があるところで、今歩いてきた舗装道路と階段に別れます。たぶん階段の方が近道だと思ったので階段を上がることに。途中、相方が息を切らしたので休み休みね。私より6つ7つ若いはずなんですが、体力ないんですねぇ。
20080808056.jpg
 『えぞちの野ばら』と『野ばら』は別物?というより、さっきから立っている立て看板、誰が書いたんだろう?区切れとか無視して改行してるからどうやって読むのかわかんないです。
20080808057.jpg
 ふと、木の隙間から左側が覗けました。何やら明らかに不自然な部分が。どうやらそこにルルドの像がありそうです。
0080808058.jpg
 でもまだ階段の終点は見えないんですけどね。
20080808058.jpg
 階段が終わったところにようやく『ルルド』の言葉が。どうやら目的地は近いようです。後で知ったのですが、今上がってきた階段は200段ちょっとだそうで、ビルの高さに換算すると、えーと、一段一段が低いので8がけしたら、だいたい6階とか7階とかぐらいかな?ま、これは階段だけの高さで、その前にメチャメチャ歩いてきてるんですけどね。



 さて、この記事の冒頭で言った『おはようございます』は水曜日の朝の話。今は金曜日の夕方。呑み会が7時半という、なんとも遅い時間からということで、待つ間に飲みながら更新しておりました。でも、この後この日の出来事全部仕上げるとメチャーメチャ長いものになりそうなので、今回はここで切りましょう。
「(`Д´) 像はどうなったんだよっ!」





【2008/08/22 18:31】 今日のぶつぶつ | トラックバック(0) |
コメント(2)
愛里/ Ktaro/ 
comment
♥  
こちらも修道院もまた立派ですね。本当に豪邸みたいです。
北海道のあじさいは8月なんですか。ビックリです!関東では梅雨の時期の6月っていうのが定番となってます。

【2008/08/30 15:50】 url[愛里 #OdXeW056] [ 編集]
----------------------------------------
♥  To 愛里さん
 実は私も、よく目にする・・・というか季節を意識しながらアジサイを目にするのはテレビなどで、必ず梅雨とセットで映し出されているので、まさか北海道のアジサイが8月とは、この歳まで知識になかったです。

【2008/09/01 20:45】 url[Ktaro #xs9SEtpE] [ 編集]
----------------------------------------
投稿













管理者にだけ表示を許可する




trackback
trackback url ↓
http://f515.blog17.fc2.com/tb.php/1166-2fafedbb



| ホーム |
アクセスカウンター

アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

CalendArchive

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
独身・フリー
65位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
独身生活
38位
アクセスランキングを見る>>

最近のコメント

リンク

※半年間無更新で削除してます。再開しましたらご連絡くださいね。

このブログをリンクに追加する

左クリックで餌をあげてね

ブログ検索


Copyright(c) Ktaro All Rights Reserved /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。