ぶつぶつ・・・。 かきフライ
ジャンルわけなんてできないですね。「ぶつぶつ」ですから・・・。
No,

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
No,1397

かきフライ

20090630001.jpg
 今朝、寝坊して遅刻したKtaroです。昨日の給食で子どもら、時間どおりに終えることができなかったので今日は給食時間のお喋りとおかわり無しの日だったんですが、私が遅刻したので恩赦ってことにしましたよ。
 画像はこの前のヒレカツの翌日の晩ご飯です。えぇ、二日続けて揚げ物でした。この日は御飯を食べにお客さんも参りましたけどね。
20090630002.jpg
 左下3分の2がかきフライ。右上ちょっとが先日のヒレカツの余ったヤツを揚げ直したものです。やはり二度揚げると、衣のカラッと感はあったとしても肝心の肉がちょっとぱさつき気味ですねぇ。
 ところでみなさん、かきフライをどうやって食べますか?私の姉は・・・・・あ、小さい頃の食卓の話ですが私の姉は半分かじるんですよ。私にしたらとんでもない話です(;゜0゜)。だってそんなことしたら中身が見えちゃうじゃないですか。あの訳のわからない中身が・・・・・・。大人になって女性とかきフライを食べるときはその場面になる前にあらかじめ忠告します。お上品に小分けに食べるのは良いけれど、かじったものを皿に戻す自体もうお上品じゃないわけですから、そんなどうでもいいことを気にするより、コロンって転がって中身がコッチを向かないようにしてねって。
 しかし、牡蠣の中身って、なんであんな食べ物としてあり得ない感じなんでしょうねぇ。
【2009/07/01 20:55】 料理奮戦記 | トラックバック(0) |
コメント(3)
愛里/ ともちゃん/ Ktaro/ 
comment
♥  
牡蠣の食べ方ですか…って答えようと思ったのですが、牡蠣の中身以前に牡蠣自体がダメでした(´∀`;) 男性って意外なところまで見てるんだなーとちょっと勉強になりました。

【2009/07/05 12:48】 url[愛里 #OdXeW056] [ 編集]
----------------------------------------
♥  
我が家は・・・
二人揃って牡蠣に中ったことがあるため、食卓にはのぼりません。
なので子ども達は食べた事が無いです(笑)

お客さんは・・・
以前のお客さんでしょうか。
お客さんがいらっしゃった時は、どちらが作るのでしょうか??

【2009/07/05 23:12】 url[ともちゃん #-] [ 編集]
----------------------------------------
♥  
To 愛里さん
 みんながみんなではないでしょうが、私はトラウマなのかな?初めて中身を見たときにビックリしましたから。『コレ、食べ物?』ってね。それに、中学の修学旅行で青森に行ったときに、なんか小魚の躍り食いみたいなのがありまして、隣に座った女の子がそれを半分かじったんですよ。ビックリしましたよ(;´д` )

To ともちゃん
 あら、あたっちゃったんですか。こちらの牡蠣は確か8月上旬当たりがあたりやすいということで、一旦店先から消えるんですが、通い慣れた居酒屋のマスターが『もう大丈夫かしら?』って試される役をやらされたことがあります。幸いそのときも大丈夫でした。体調によってもあたりやすかったりってことがあるみたいですね。

【2009/07/06 07:09】 url[Ktaro #xs9SEtpE] [ 編集]
----------------------------------------
投稿













管理者にだけ表示を許可する




trackback
trackback url ↓
http://f515.blog17.fc2.com/tb.php/1397-3addfa7b



| ホーム |
アクセスカウンター

アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

CalendArchive

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
独身・フリー
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
独身生活
17位
アクセスランキングを見る>>

最近のコメント

リンク

※半年間無更新で削除してます。再開しましたらご連絡くださいね。

このブログをリンクに追加する

左クリックで餌をあげてね

ブログ検索


Copyright(c) Ktaro All Rights Reserved /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。