ぶつぶつ・・・。 岬巡り第1話 出発~弟子屈町~メルヘンの丘めまんべつ
ジャンルわけなんてできないですね。「ぶつぶつ」ですから・・・。
No,

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
No,1430

岬巡り第1話 出発~弟子屈町~メルヘンの丘めまんべつ

 おはようございます。旅から戻って一夜明けた、8月9日日曜日朝のKtaroです。旅行中は翌朝の心配もあって、夕食時にちょっと呑んで寝る前にちょっと呑むだけで過ごして来た5日間。昨晩は久々にウィスキーのロックを浴び、10時前には寝ておりました。今朝起きてきてメロシー回った後に写真の整理。旅行の記録として丸ごと残すフォルダー。でも、撮影の失敗も考えて2~3枚ずつ撮ってあった画像を1枚に絞り込む。さらにブログ用に使えそうなものをその中から選び抜き、別のフォルダーにコピー。確かここFC2は、1枚の画像が100kbまでだったはずなのでサイズを縮小しながらね。旅行1日目だけでも200枚以上撮影していて、それを整理するのに3時間近くかかっちゃいましたよ。残り4日分あることを考えると先が思いやられますなぁ。
 さて、8月4日火曜日の朝。最初の目的地である体験牧場の開場時間にあわせるために7時45分出発を予定しておりましたが、ちょっと遅れて8時に出発。最初に向かったのが
200809040010101.jpg
渡辺体験牧場
○弟子屈町原野646-4
○015-482-5184
○9:30~15:30

 昔と違って牧場もただ牛や馬を飼っているだけではないんですね。色々なグッズを販売したり体験学習ができたりします。出発地はさておき、ここまでおよそ75km。1時間半で到着しましたから、この間の移動は平均時速50kmってことになりますね。北海道といえども、これは結構スイスイだったことになります。
到着
20090804001.jpg
 中には2~3人のオバチャンと、4~5人のお兄さんが働いておりました。お兄さんは恐らくアルバイトでしょうね。
20090804002.jpg
 ここ、牛の牧場なんですが井口にはなぜか馬の銅像が・・・。
20090804003.jpg
 荷台のつくりはどう見ても牛や馬を運ぶ感じですが、小さめに作ってあってこれで観光客を牧場内案内に連れて行くようです。
20090804004.jpg
 私が乗るんだったらこっちの方がいいかなぁ。座れそうだし。
20090804005.jpg
 北海道の牛と言えばやはりホルスタインですねぇ。肌が茶褐色の肉牛は、昔は本州のものという感じでしたが、最近では道内でも結構肉牛を飼っているところが多く見られます。おいしいかどうかは別として、ま、一応国産牛ですね。
 ところで、乳搾りやチーズづくりなど様々な体験ができる、ココ渡辺体験牧場での今回のお目当ては
20090804006.jpg
仔牛のお散歩 5分で525円です。私にしてみれば
「なんで牛の散歩を5分するだけで525円も取るんだ?1分100円って事は時給6千円だぞ?」
って感じなのですが、まぁやってみたいと言う人がいるのでね。この仔牛、本日が初出番だそうです。大丈夫かな?アルバイトのお兄ちゃんに連れられて仔牛の所に行ったとき、この子はお昼寝ならぬ朝寝の最中。無理矢理起こされてちょっとブルー入ってます。
20090804007.jpg
 まだガリガリですね。最初はかなり抵抗しましたが、徐々に散歩に付き合ってくれるようになりました。
20090804008.jpg
 それでも5~6歩歩くとすぐに立ち止まります。ま、いつでも好きなときに歩けるのに、起こされてまで散歩なんかしたくはないわな。
20090804009.jpg
 草を食べる・・・・・というわけでもなく、何かを見つめています。
20090804010.jpg
 途中からしきりに私の方へ寄ってきました。私もさりげなくかわします。だって撫でると・・・・・手が汚れるでしょう?カメラ持ってますからね。
 5分のお散歩ですが、お客さんもいないので15分ほど堪能。だんだん私が飽きてきてそろそろ出発することに。散歩した人が手を洗ったりなんだりで、結局ココには25分ほど滞在しました。次の目的地は道の駅メルヘンの丘めまんべつ。今回、岬巡りで最果ての地を走り回るにあたって、私の同僚である女性教員(人の嫁)がカントリーサインのマグネットプレートを集めているということで、おみやげをかねてそれも買い集めることに。どうせなら自分の分も・・・・・と思ったのですが、数年前の大合併ですでに無くなった町村もあって・・・・・。あ、カントリーサインについてここでもちょっと触れますと、北海道の市町村は全てカントリーサインという、地元の特徴を表したデザインをもっています。以前は道内212市町村ありましたからカントリーサインも212種類。道の駅がある市町村では、そのカントリーサインがマグネットプレートとして売られています。1枚250円。全ての市町村に道の駅があるわけではないので212種類全部マグネットプレートが存在するわけではないのですが、数年前からこのプレートを集めるのが趣味の人が増えてきた。私が知っているのはだいたい女の人ですねぇ。212あった市町村も平成の大合併で190ぐらいにまで減りました。ってことは、もう手に入らないプレートもあるわけで、コレクションってことを考えたときに、自分では手に入れられないモノを他の人が持っているというのに、今から集める気にならなくてねぇ。なので自分の分は買わず。ここ、女満別町は合併によって大空町という新しい町になりました。ただ、この時に『あること』に気付いていれば、私も集めて・・・・・その話はあとにしましょう。
 渡辺体験牧場から道の駅メルヘンの丘めまんべつまではおよそ65km。
20090804010001.jpg
 いち早くオホーツク海に出るには国道391号線をそのまま北上していけばよいのですが、道の駅のある大空町(旧女満別町地区)には途中から道道102号線へ入るのが近道。屈斜路湖が一望できる藻琴峠を越えることに。山を登っている途中、
20090804011.jpg
 こんなのがありましたのでちょっと寄ってみることに。カメラの絵が描いてあるって事は撮影するのにも良い場所なんでしょう。
20090804012.jpg
ですって。では屈斜路湖の方をのぞき込んでみましょうか。
20090804013.jpg
あいにくの曇り空。しかもここからではあまり湖が見えませんねぇ。もうちょっと高台まで登ってみましょうか。
20090804014.jpg
20090804015.jpg
あんまりかわらないかな?遠く対岸でなにやら煙が立っている場所があったのでズームして見ることに。
20090804016.jpg
どうやら硫黄山のようです。摩周湖に続く道を北側に抜けると硫黄山があります。まぁただ単に硫黄臭い山で、『温泉卵』ってのが1個べらぼうな値段で売られているだけだと思いますけどね。
20090804017.jpg
 このパーキングにはトイレもあります。でもドアがないってことは、中は虫だらけでしょうねぇ。
20090804018.jpg
20090804019.jpg
 古いことは古いですが、清掃管理は行き届いているようです。見てわかるとおり、ぼっとん便所ですけど。
 ここでは15分ほど滞在。その後、11時に道の駅に到着しました。道の駅の写真は・・・・・撮りませんでしたよ。おみやげを買うのが目的だったのでね。あ、おみやげに買ってきたカントリーサインマグネットプレートでも見ます?ちょっと待ってくださいね。今カメラで写してアップしますから。
oozorachou.jpg
 2枚あるのは私の分ではなく、1枚は保存用にするから2枚買ってきてくださいって頼まれたんです。たまに品切れで店頭に無いときは、お店の人に言って80円追加するとあとで郵送で送ってくれます。

 さて、第1話はここまで。次回第2話は網走近辺のお話しです。

【2009/08/09 11:23】 岬巡りの旅 番外編 | トラックバック(0) |
コメント(0)
comment
投稿













管理者にだけ表示を許可する




trackback
trackback url ↓
http://f515.blog17.fc2.com/tb.php/1430-6870484e



| ホーム |
アクセスカウンター

アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

CalendArchive

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
独身・フリー
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
独身生活
32位
アクセスランキングを見る>>

最近のコメント

リンク

※半年間無更新で削除してます。再開しましたらご連絡くださいね。

このブログをリンクに追加する

左クリックで餌をあげてね

ブログ検索


Copyright(c) Ktaro All Rights Reserved /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。