ぶつぶつ・・・。 第2話 網走原生牧場観光センター~流氷街道網走
ジャンルわけなんてできないですね。「ぶつぶつ」ですから・・・。
No,

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
No,1431

第2話 網走原生牧場観光センター~流氷街道網走

 予定にない藻琴山展望台で15分を過ごし、行程計画表よりも若干時間がおしております。でもネットで調べるルート検索で出る所要時間って街中移動を考えた本州向けでしょう?ここは北海道ですからね。通常の道路が高速道路みたいなもの(コラコラ)ですから、なんぼでも遅れは回復できることでしょう。
 道の駅メルヘンの丘めまんべつをあとにして、およそ17kmの移動。今度は網走の体験牧場へやって参りました。
網走原生観光牧場センター
○網走市藻琴225番地
○0152-46-2270

 また何かの散歩かと言うとそうではなく、ある雑誌の記事で
牧場主の○○さんが森に向かって『ラ~マちゃ~ん!』と叫ぶと、木の間から真っ白なラマちゃんが・・・・・
ってのがありまして、
「見たい!」
ってなったんですよ。あのラマですよ?顔がムカツク・・・・・。でも真っ白な赤ちゃんはさぞ可愛かろうと言うので向かうことに。たった17kmの移動でしたが30分以上かかった11時40分。目立った看板も無い網走原生観光牧場センターに到着。が、いきなり正門が酷い。もうボロボロである。雑誌に紹介されていたわけだから、さぞかし観光客で賑わっているであろうと思いきや、辺りに人の気配は皆無。
「(-”-)やってんのかなぁ・・・・・。」
 牧場主が『ラ~マちゃ~ん!』って叫ぶと出てくるって事は、そこそこ時間がかかるだろうと思ってここでの滞在予定時間は25分を確保していた。正門を車でくぐってすぐ左側。いきなりラマの親子が。
「コレ、ラマでしょう?コレじゃないの?でもいいのかなぁ、勝手に写真撮ったりとかし・・・・・」
「違う!全然白くないぞ。『ラ~マちゃ~ん!』って呼んだら出てくるんだ!」
 私にはあの雑誌のラマの赤ちゃんがコイツであることはすぐにわかったのだが、納得のいかない同乗者のために牧場の奥の方まで車を進めていく。砂利道、走りたくなかったんだけどね。受付らしき場所も見つからないままどんどん奥へと入っていく。途中から砂利道は急激な上り坂となり登り切ったそこは一面が拓けており数十人の年寄りがパークゴルフを楽しんでいた。道は草原の丘の上をまだまだ続いていたのだが、看板には『←レストラン』とあるだけ。やはりさっきのがあのラマちゃんだったのである。来た道を引き返し、よくよく辺りを見回すがやはり受付は見つからず。仕方がないのでラマの前に車を停めて撮影してしまうことに。ま、私は車から降りることすらしなかったんですけどね。
20090804020.jpg
 車内から窓だけ開けての撮影です。右奥に立っているの、たぶんオヤジでしょうがムカツク顔してますでしょう?出っ歯ですきっ歯で。私が始めて見た『ブサイクな外人』に似ています。ほら、小さい頃って外人なんか映画やテレビでしか見たことがなかったじゃないですか。当然みんな美女美男なんですよね。私、外人ってみんな恰好良いんだって思ってましたもの。ところが大人になって、来日している一般的な外人を見るとそうでもない。その初めて見た一般的な外国人に似ています。
20090804021.jpg
 私が思うに、コレが雑誌で紹介されていた『ラ~マちゃ~ん!』のはず。
「8月号って8月に出ないじゃない。7月末とかに出るんでしょう?だったらあの雑誌が取材したのは6月とか、ヘタしたら5月とか。動物だもの、2~3ヶ月もしたらこんなになっちゃうよ。」
「(-”-)そうなのかなぁ~・・・。」
 見たがっていた本人だけ車から降りてしきりに眺めている。ほどなくして出発することに。
「なんで降りなかったの?可愛いのに。寄ってったら横にいたお母さんラマが赤ちゃんのおなかをチョイチョイって蹴って『ホラ、起きなさい!』ってやったんだ(´ー`)」
 勝手な想像であるが、本人が満足しているようなので良しとする。滞在時間は・・・・・5分だった。

 網走市内の藻琴という場所は市内でもかなり南寄り。海岸沿いを通って次の目的地である道の駅流氷街道網走へと向かった。その後はいよいよ岬巡り1カ所目、能取岬であるのだが、海岸沿いを北上しながら考えた。
「(-”-)岬の写真を撮るのに岬に行ってしまったら、岬、写んないよなぁ・・・。」
 すると、恐らくあれが能取岬であろうという景色が広がってきたので車を停めて撮影。しかしながら後でそこは能取岬でないことがわかったためにファイル削除。代わりに
20090804022.jpg
 たぶんハマナスだろうから珍しくもなんともないのだが、国道の中央分離帯に一輪だけ咲いていたので撮ってみた。画面左奥に見える赤い灯台の、そのまた奥に見える岬が能取岬だと思って車を停めたのだが、名も無き出っ張りのようである。もしかしたらこれがポンモイ岬かな?北海道ってのは岬がありすぎて、地図によっては名前が出ていたり出ていなかったりする。ポンモイ岬というのもこの辺のどこかにあるのだが、どれなのかが結局わからず予定には入れなかった。立派な岬なのに名前がなかったり、
「(-”-)コレ、岬じゃねぇだろっ!?」
って所に名前がついていたりと色々だ。これについては旅行二日目に思い知らされることになる。
 先ほどのラマのいた牧場から15分ほどで道の駅流氷街道網走に到着した。建物はめまんべつ同様撮影しなかったので、またカントリーサインでも・・・・・
abashiri.jpg
 網走市のカントリーサインのモチーフはオホーツク海に浮かぶ流氷とニポポ像ですね。ニポポっていうのはアイヌ語で(北海道の地名のほとんどはアイヌ語ですが)『小さな木の子ども』という意味だそうです。要はアイヌの人たちが子どもに作ってあげてたお人形ってことでしょう。現在は・・・・・網走刑務所の囚人がおみやげ用として作っているそうです。
 ここ、道の駅流氷街道網走は、今年の1月にオープンしたばかり。カントリーサインを集めている彼女(同僚)はここより遙か北の雄武町のマグネットプレートを持っていたが、当時まだこの駅が無かったのでココのは持っていない。おみやげ第2号である。この道の駅は網走の
20090804023001.jpg
にあるのだが、駅の裏手に出てみると網走川河口があった。
20090804023.jpg
なんか岩がありますね。ちょっとズームしてみると
20090804025.jpg
てっぺんになんか立ってます。でも、なんでこの岩だけこうして残ってるんでしょうねぇ。すぐ近くに山はないので、山から転げ落ちたわけではないようです。
20090804024.jpg
 川岸になんか鳥を発見。遠くにいて見えなかったので
「白鳥・・・・・の季節じゃねぇよなぁ。」
なんて思いながらズーム撮影。まだまだみにくいアヒルの子なのか、それとも白鳥ではない別の鳥なのか。この時期に白鳥、いるのかな?ちょっと調べてみましょうか。・・・・・見つからないのでやめました。
 さて、この日朝から何も食べていないことに気付き、道の駅にある食堂へ行ってみた。2階にあるのだが、なんか網走ならではのものって物が見つからない。わざわざこんな所まで来てカレーやらラーメンなんか食べたくない。ラーメン、絶対おいいしくないだろうし・・・・・。ということで早々に次の目的地へ向かおうと思ったとき、1階のファストフード店のメニュー看板が目に入る。
「(-”-)網走ザンギ饅頭?」
 ザンギってのはカラッとしてない唐揚げね。『北海道では唐揚げのことをザンギと呼ぶ』とか言う話を聞きますが、札幌生まれの私の認識としては別物です。どこぞのコンビニで売られているからあげクン、あれが唐揚げで、スーパーなどのお総菜コーナーに売られている唐揚げ、あれがザンギです。揚げてから時間が経ったとかだけではなく、明らかに衣が違うと思うんだけどなぁ・・・。で、先ほど目に入った饅頭の話の続きですが、饅頭と言ってもあんこが入ったああいうのではなく、何て言ったらいいのかなぁ、中国みたいなインドみたいな、とにかくそんなやつ。事前の学習で網走ザンギっていうものの存在は知っていました。さらに、鶏肉ではなくカラフトマスの唐揚げであることも知っていました。
「( ̄o ̄)1つ250円・・・・・他に食べる物も無いし、あれでいっか?」
「(´ー`)うん。」
 ということで二つ買う。と、すぐ後ろに、恐らく道外からの観光客がいて、同じく網走ザンギ饅頭とチャンチャン焼き饅頭を買っていた。北海道の郷土料理として有名なチャンチャン焼きは、鮭のチャンチャン焼きとかホッケのチャンチャン焼きとか色々あるが、有名であっても北海道人は普通そんなものは食べない。た~だみそ味付いているだけで、決しておいしい物ではないですからね。
 さて、網走ザンギ饅頭はどんなものかと申しますと
20090804026.jpg
 結構いけますよ、コレ♪白いのはネギです。一口食べてみると
20090804027.jpg
確かに中身は魚でした。それでもタレやらなにやらで工夫されていて、マス独特のパサパサ感が無い。実においしゅうございました。こんなモン1個食べてお腹が満たされるわけはありませんが、とりあえず空腹感は凌げました。食べ終わっていよいよ岬へ出発です。


 今日はここまで。あまり細かく区切るつもりは無かったんだけど、記事が長いと読む気無くなる人、いるでしょう?
20090804028.jpg
 次回、いよいよ能取岬へ向かいます(コレも能取岬ではないのですが・・・)
【2009/08/10 08:23】 岬巡りの旅 番外編 | トラックバック(0) |
コメント(2)
ナベ/ Ktaro/ 
comment
♥  
こんばんは^^

ラマ、写真でしか見たことありませんね~
たしかにブサイクかも^^;
でもそこが愛嬌があるというか、かわいいんですよね^^
網走ザンギ饅頭もおいしそう♪

【2009/08/11 01:21】 url[ナベ #-] [ 編集]
----------------------------------------
♥  To ナベさん
 マスだから、きっと旨みもなんも無いんだろうナァって思っていましたが、しっかりと考えられていておいしかったです。個人的には白髪ネギがナイスでした(´ー`)。

【2009/08/11 05:55】 url[Ktaro #xs9SEtpE] [ 編集]
----------------------------------------
投稿













管理者にだけ表示を許可する




trackback
trackback url ↓
http://f515.blog17.fc2.com/tb.php/1431-4b7c4e47



| ホーム |
アクセスカウンター

アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

CalendArchive

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
独身・フリー
48位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
独身生活
25位
アクセスランキングを見る>>

最近のコメント

リンク

※半年間無更新で削除してます。再開しましたらご連絡くださいね。

このブログをリンクに追加する

左クリックで餌をあげてね

ブログ検索


Copyright(c) Ktaro All Rights Reserved /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。