ぶつぶつ・・・。 第3話 二ツ岩~能取岬
ジャンルわけなんてできないですね。「ぶつぶつ」ですから・・・。
No,

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
No,1432

第3話 二ツ岩~能取岬

能取岬 撮影場所~能取岬上部
20090804066.jpg
 さて、今回の旅で事前に一番知りたかったのは
「その岬を撮影するのに一番良い場所はどこか。」
ということでした。時間帯はどうでもよかったんですよ。どうせ日の出か日の入りですもの。数ある岬を撮影していくのに、毎回日の出か日の入りの時間帯で撮影なんかしてたら何日かかるかわかりゃしない。そういうのは退職後にやることにしますよ。
 で、ありとあらゆる岬についてネットで調べていったのですが、なにぶん小さな岬に関しての情報が無い。今後同じような目的の人がネットで調べたとして、やっぱり目的の画像が先頭にあった方が親切じゃないですか。なので今回撮影した岬にかかわる記事では一番最初に岬の画像を載せることにしました。命がけの撮影も中にはありましたのでね。こういう有名な岬じゃなくて知名度の低い岬の画像を載せることで今後、煮卵を超える看板記事になるかもしれないですよ(( ̄д ̄) ナイナイ)。
 さて、ちょっとした腹ごしらえもしたことですし、さっさと次の撮影場所へ向かうことにしました。まずは岬へ向かう途中にある二ツ岩へ。この『二ツ岩』って名前を付けられた岩は、今回走った海岸沿いだけで他にも2カ所ありました。えぇ、だいたい想像はついていましたよ?岩が二つあるんだなぁって。
 実際、近くに行って目にしてみると
20090804029.jpg
「( ̄Д ̄)やっぱり・・・。」
 もうちょっとアップにしてみましょう。
20090804030.jpg
 あぁ、これ良い感じね。岩が二つあるのがよくわかる。岩と岩の間の隙間の陸地になんか白い物が・・・・・。幽霊ではないでしょうがもうちょっとアップに。
20090804031.jpg
人・・・・・かな?
20090804032.jpg
あ、間違いなく人ですね。
「ヽ(^。^)第一村人発見!」
「いやいや、ここに来るまでにいっぱい会ってるから。」
20090804033.jpg
 岬へ向かう途中、その道路から100mほど外れたところにホテルと防波堤がありました。何台か車が停まっていますがその中にはホテルの送迎バスも。
「ここはホテルの駐車場かな?」
なんて思いましたが、沿岸に一ホテルが勝手に防波堤を造れるはずがない(たぶん)。なのでここは公的な場所だ!と判断。でも遠慮して岩から最も離れた所に車を停める。
 岩の方へ近づいていって見ると
20090804034.jpg
 よくある看板ですね。でも、昔から疑問に思っていたのが、例えば養殖をしているとかだったらわかるんだけど、なんでみんなのものであるはずの海からウニ取って食べちゃいけないのかしら?まぁ田舎のヤクザが資金源にする心配もあるけれど、1個とか2個ぐらい取って食べても良いと思いません?
 それはさておき、ここでもう一つ疑問が。看板にある海産物の中で、1つだけ見慣れない言葉が・・・・・。
「(-”-)えむし?・・・・むし?虫なのか?」
 ちょっと調べてみましょう。
「(`Д´)さっきからそんなことしてるから記事が終わらないんだぞ!?」
「(´ー`) まぁまぁ、いいじゃないですか。知りたいんだもの。と言うより、今回オマエの色使って他の人出てるんだから、オマエ、出てこないように!」
「(;゜0゜)えっ・・・・・。」

 ちょっとネットで『えむし』について調べてみましょう。きっと釣りに使う、あのでっかいムカデみたいなやつとか、そんなんだと思うけど・・・・・。
 はいはい、なかなかヒットしませんよぉ~、えむし。MCとかM氏とかばっかり。もしや?と思って家にある辞書を引いてみる。無い。仕方がないのでまたネットで見ていくと、しばらくして『餌虫』なる文字を発見。見てみるがイマイチ確信が持てない記事だった。検索ワードを『えむし 釣り』で調べてみたら、ものの数分でわかりましたよ。要はイワムシやゴカイ、イソメなど、ああいうのを呼ぶのに使う名前のようです。ああいうの、捕ったらダメなんですね。こちらにいらっしゃる方々の客層から考えて、画像は載せないでおきますね。
20090804036.jpg
 これはさっき遠くから見たときの左側にあった大きい方の岩の下の部分。波かな?流氷かな?オホーツク人の洞窟・・・・・ではない感じですね。奥行き無さ過ぎですもの。
20090804038.jpg
 この時間、干潮なのかなんなのかわかりませんが、とにかくもっと先へ歩いて行けそうなので行ってみることに。
20090804039.jpg
 岩肌はこんな感じ。地質学にはめっぽう疎いKtaroですが、なにがどうなるとこうなるんでしょうねぇ。
20090804040.jpg
 二ツ岩の間に到着です。奥に緑が生えているということは、満潮になってもあの部分は水没しないのでしょうね。
20090804041.jpg
 緑が生えていた上の方に行ってみると、なにやら獣道・・・・ならぬ、誰かがよく通るらしき道が。さらにそこを進んでいくと
20090804042.jpg
 岩の反対側にでました。最初に見た方角からだと海に浮かぶ岩って感じでしたが、裏側はずっと砂浜から続いているようです。
20090804043.jpg
 こんな感じ。せっかく岩場を飛び越えてやって来たのに、なんだか拍子抜けです。岩もよくよく見てみると
20090804044.jpg
 電線がつながっていたり
20090804045.jpg
 コレ、かなり高い所なんですが誰かが何かを打ち込んでありますねぇ。首くくり・・・・・ではなさそうです。
20090804046.jpg
こんなところにもお花が咲いています。種さんも大変なところに飛んできちゃいましたね。ま、景色が良いし人や動物に荒らされないから良いところでもあるか・・・。
 ちょっと撮影のつもりが、まさかこんなところまで歩いて来られるなんて思わなかったので、5分滞在の予定が20分もいましたよ。でも、道の駅でお昼御飯のために1時間とってあったのが、饅頭1個で10分ぐらいで終わったから、これでも予定より30分ほど早く進んでおります。
 計画書には能取岬について
「駐車場アリ。灯台。ニポポ像。」
と書いてありました。二ツ岩と違って車を停める場所に気遣いしなくて良いようです。二ツ岩から4.2km。5分ほどで能取岬に到着です。
20090804047.jpg
 ようやく最初の岬、能取岬に到着です。
20090804048.jpg
間違いないようですね。先ほど見えていた左側のもう一つの看板は
20090804049.jpg
どうやら中国人向けの看板のようです。日本には無い文字で書き記されていますが、たぶん一番上は『熱烈歓迎』ってことでしょう。中国人の言葉は全くわかりませんが、たぶんですけど、この能取岬灯台を舞台にして中国映画かドラマか何かが撮影されたのでしょうね。「  」の中身が映画もしくはドラマのタイトルで、その右側はたぶん『撮影地』って書いてあるんでしょう。
 ところで今気付いたのですが、ニポポ像、無くない?よそから拾ってきた写真では
misaki005.jpg
ね?看板の左奥にあるでしょう?でも、さっきの私の写真には
20090804047.jpg
 無いんですよ。現地にいたときもあれば気付いて撮っていると思います。能取岬の看板は新しくなったのか色こそ違いますけど、それを支えている左右の支柱の長さの違い。これ、たぶんアレですよね。だったらこの構図の中におさまっているはずなんだけど・・・・・・・・・もしかして倒れて撤去でもされた?ちょっと調べてみましょう。
・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・・
・・・・・
・・・
 いや~、無いですよ。撤去されたとか、そう言う話。能取岬をネタに書かれている記事を幾つ読んでみても、みんなのにはニポポ像がある。私が撮影したのよりももっと左側にあるのかとも思ったのですが、あれば気付かないわけがない。灯台の向きから考えて同じ所から撮影したであろう他の人の写真にはある。私のにはない。なんだろう?網走市役所のHPでも見てみるか・・・・・。
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・・
・・・・・
 何も情報は無い。あちこち見ていたその時に、20分かかってようやく1つの掲示板を見つけました。2006年7月の書き込みで、観光客の方が『以前は売店とニポポ像があったと思うのですが、売店はトイレになり、ニポポ像は姿を消していました』との記述を発見!どうやら風雪にやられて見た目がボロボロになり、景観を損なうということで網走市が撤去してしまったようです。しかしまぁ、『能取岬 ニポポ 撤去』まで書き込んで検索しても最初にヒットしてこないっていうのはどういう事なんでしょうねぇ。よほどみんなに気にされていなかったのか、ニポポ像よ・・・・・。
20090804050.jpg
 『寒いところでは太陽が四角く見える』って話を聞いたことがありますが、ここでも同じような現象があるようですね。誰?左端の写真、破いちゃったのは?
20090804051.jpg
 色々な形に見えるようです。この日は夏ですから、普通に見えましたよ。あ、曇ってたから見えはしなかったか。午後だったしね。
20090804053.jpg
 北の方には遙か遠くに能取湖が見えました。
20090804054.jpg
 それにしても、これでは単なる草原の写真である。私が撮りたいのは岬の写真。せめて断崖絶壁の上からの写真でもと、敷地の端の方へ行ってみると
20090804052.jpg
 それはわかるんだけど、草がボーボーで、ここが断崖絶壁の上である証拠画像が撮れない。
20090804059.jpg
 柵の直前部分には、みんな同じようにどこか良い景色が見えるところは無いかと歩いてできたあぜ道が。
20090804056.jpg
 ここはさっき灯台を写した場所から、灯台をはさんで反対側、つまり岬の突端側であるのだが、歩けど歩けど良いシーンが見られない。ただひたすら柵の手前を時計回りに歩いてみる。
20090804057.jpg
 あっ、ちょこっと草の丈が低いところ発見。でもこれじゃぁなぁ・・・・・。
20090804058.jpg
 ようやく岬っぽいところが見えてきましたけど、これじゃぁねぇ・・・・・。
20090804060.jpg
 これならさっきの方がまだましですね。がっかりしながら歩いていくと、岬のすぐ横に電柱のような岩があることに気付く。でも草の隙間からちょこっと見えるだけ。さらにどんどん歩いていくとその岩の真上に来たようで
20090804061.jpg
 なんとか撮影できたけど、下の方がほとんど隠れてて、これじゃぁちょっとした出っ張りにしか見えない。そこで柵を越えて・・・・・・・と思ったのだが、またしても
20090804062.jpg
だってさ。
「『近ずく』の『ず』、それじゃないし・・・・・。」
とか思いながらも更に歩くこと数分。
20090804063.jpg
あるか前方にモニュメント発見。
「( ̄д ̄)観光地用にああやって後から作られた物って、別に興味ないよなぁ・・・・・。」
 とか思いながらもせっかくココまで来てまだろくな写真が撮れていない。仕方がないのでモニュメントで誤魔化そうかと近づいていった、まさにその時に
20090804066.jpg
 冒頭でご紹介したこのポイントを発見。
20090804064.jpg
 よく見る能取岬の画像はここからのものだったんですねぇ。やはり足を使わないと良い景色は撮れません。
 目標を達成したのでモニュメントなんかも撮影。
20090804067.jpg
20090804068.jpg
 だそうです。堂垣内って言ったら私が小学生の頃の北海道知事ですねぇ。昭和50年代半ばのものでしょうかね。
 とりあえず撮る物撮ったし、次の場所へ向かおうと思ったのですが、またしても気になりだしたのが、さっきの電柱みたいな石。
20090804069_20090809162630.jpg
「この柵、登っても壊れないかな?」
 同行者に肩を貸してもらって撮影してみることに。
ところがっ!!!!!
 登った途端に私のお尻を後ろから押すのである。
「(;゜0゜)何しとんっ!?危ないって!押しとるっ!(オマエ、それだったら俺のことを支えているんじゃなくて崖下に)押しとるってぇ!」
 この、深い意味合いを含んだ『押しとるっ!』が、『押して!』に聞こえたのかどうか定かではないが、押す力はどんどん強くなってきた。言っておくが柵の外側に足を踏み込む余裕はない。すぐ崖である。このままでは突き落とされてしまうと思った私は同行者の手を思い切り払いのけ、後ろ側に倒れ込むようにして無事に地に足をつけた。たぶん同行者は私を殺そうとしたのではなく、天然のボケをかましたのだと思い、優しい口調で聞いてみた。
「(;´ー`)何で押したの?」
「( ̄o ̄) 後ろに倒れたら危ないと思ってぇ・・・。」
「あのね?後ろに倒れてもお尻を打つだけだけど、前にはね、倒れられないんだよ?落ちるの。」
「あっ!そっかぁ!ごめんなさいっ!」
 気を取り直してもう一度肩を借りて柵に上がる。命を賭けてまで写した写真が
20090804070_20090809163442.jpg
 真上過ぎてこの岩の細長さが全く感じられず。さっきのとたいして変わらない。危うく無駄死にするところであった。
20090804071.jpg
 帰り道、灯台の真ん前に来た。灯台って赤と白って決まってるワケではないんですね。なんか意味あるのかな?
20090804072.jpg
 灯台の色についてちょっと調べてみたら、普通の灯台は真っ白なんですって?知りませんでしたよ。縞々の灯台は北国だけですって。そう言われると理由は簡単ですね。真っ白だったら冬、見え無くなっちゃうものね。

 さて、車に戻ったのは13:45。およそ30分で一回りすることが出来ました。海とはここで一旦お別れ。ココから北にはサロマ湖があり、ご存知の通り海側は一部切れておりますので道がありません。道は一旦内陸部へと向かいます。

【2009/08/11 05:55】 岬巡りの旅 オホーツク海沿岸編 | トラックバック(0) |
コメント(4)
ともちゃん/ Ktaro/ てるさん/ Ktaro/ 
comment
♥  ktaroさんって・・・
旅行の記事を読むたびに思いますが・・・・

ktaroさんってマメですよねー。

私は子供の写真も撮ったら撮りっぱなしなので、感心しちゃいます。

奥さん天然さんなんですねー(≧m≦)
ktaroさんとなんだか合ってる気がします♪

【2009/08/11 23:14】 url[ともちゃん #-] [ 編集]
----------------------------------------
♥  To ともちゃん
 (;´ー`)ハハハ、私も来年40になるってのにアレなんですが、『奥さん』ではないんですよ。あ、不倫とかじゃないですよ?わたしまだ独身です。
 写真、めんどうくさかったですよぉ~。なんたって失敗してたら困るから1つの風景に対して2枚から3枚は撮るわけで、それらを整理しながらさらにブログ用に使えるものを専用のフォルダにコピーして・・・・・、旅行1日分の写真整理するのに2~3時間かかってます。4泊5日なのにねぇ~。もう夏休みも終わるというのにこの話、きちんと完結するまで書き続けられるんだろうか?

【2009/08/12 05:35】 url[Ktaro #xs9SEtpE] [ 編集]
----------------------------------------
♥  
やはり凄いね(^o^)1
ktarosんは(*^^)ww
私は1枚撮るだけだよ~
お空さんの写真・・でもね!
いつも一緒の写真で、変化なくて考えちゃった。若い人のブログへお年寄りが入るのって・・
今は自分の心と楽しんでいます♪(?)

【2009/08/12 23:39】 url[てるさん #mQop/nM.] [ 編集]
----------------------------------------
♥  To てるさん
 お年寄りってぇ、てるさん、マッカーサーにでも会った?(笑)
 私ももう中年の域に入っていますが、加えて『男』だったので、このブログってのを始めるのにあたってはかなりの抵抗感がありましたよぉ(もう4年も前だけど)。でも、自分の思っていることや考えていることを、誰かに向かって話す(書く)、これだけでも心身に有益なことだなぁって思うんですよ。

【2009/08/15 16:04】 url[Ktaro #xs9SEtpE] [ 編集]
----------------------------------------
投稿













管理者にだけ表示を許可する




trackback
trackback url ↓
http://f515.blog17.fc2.com/tb.php/1432-ede72bd3



| ホーム |
アクセスカウンター

アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

CalendArchive

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
独身・フリー
62位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
独身生活
36位
アクセスランキングを見る>>

最近のコメント

リンク

※半年間無更新で削除してます。再開しましたらご連絡くださいね。

このブログをリンクに追加する

左クリックで餌をあげてね

ブログ検索


Copyright(c) Ktaro All Rights Reserved /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。