ぶつぶつ・・・。 第23話 カーナビ故障? 
ジャンルわけなんてできないですね。「ぶつぶつ」ですから・・・。
No,

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
No,1453

第23話 カーナビ故障? 

 おはようございます。8月17日月曜日、今日と明日は通常出勤で会議。明後日から学校が始まるKtaroです。ただ、コレが公開されるのは8月31日の予定。
「明日から9月ですねぇ。」
とかの挨拶の方が良かったかな?
 さて、よくわからない遺跡とパッとしない岬を後にして走ること53.2km。日本海側初の道の駅『てしお』に向かいました。というより、向かうはずでした。ところがその途中、確かとあるメロ友さんがお泊まりになったことがあるという豊富町付近を通過しているときのこと。まっすぐ南下すれば天塩町に行くというのに
「700m先、左折です。」
とか言い始めた。
「(-"-)・・・・・海岸沿いよりも短い道のりで行ける内陸部の道でもあるのか?」
 そんなにそんなに細かく北海道の地形が頭に入っているわけではないのですが、確かこの辺はさほど大きく蛇行しているような海岸線ではなかったはず。しかし『ナビが言うのであれば』と、言われたとおり左折してみる。丁度、大きなトラック2台に挟まれて走っていたのでそこから離れたい気持ちもあった。左折して2~3kmほど走ったであろうか?いつまで経っても南へ向かう指示を出さないナビ。そのうち道路工事で片道交互通行の場面に出くわす。向こうからだ~れも来ないのに待たされる。その昔、こういうところで指示を出しているのはたいていオッサンばっかりだったのですが、だんだんと恰幅の良い女性なんかもアルバイトとして雇われ始め、最近では綺麗なオネエチャンがやってたりする。この時は・・・・・オッサンだった。結局だ~れもすれ違わないまま、コチラが通る番に。なんだかメチャメチャ細くなっている道路を、先を急ぎながらも慎重に進んでいく。片道相互通行の場所を通り過ぎてしばらく走ったが、いつまで経ってもナビは右(南)を指し示す様子は無い。それどころか
「300m先、左折です。」
「(;゜0゜)オイオイオイオイオイオイ!」
今はしてきた道はS字部分もアリながらも、ほぼ東を向いて走ってきた。そこでまた左折となると向かう先は北、つまり稚内方面に戻ってしまう。さすがに車を停止させ、ナビが指し示している道の先を見てみることに。いやね?ココまでも何回かあったんですよ。まっすぐ行きゃぁいいのに、なぜか左折して右折して右折してまた元の道に戻るみたいな。
「もしかしたらあのときまっすぐ行くと行き止まりとかだったのかな?」
と思いながらも地図を確認すると道はある。でもまぁ、たいした遠回りではなかったので気にしてはいなかったが、この時は完全におかしくなっていた。これから通りますよって道はピンク色に示されているのだが、その先の方はまるでワラビのようにグルグルグルグルってなってて終わっていた。
「(-”-)どこに連れて行こうとしたんだ?」
 私のベンちゃんには元々ナビが標準装備されているのだが、この旅行の直前にナビとテレビが映らなくなっていた。CDチェンジャーもCDが入っているのに認識せず、『マガジンが入っていません』みたいなこという故障もしばしばあった。こいつらにだけでも十数万の修理代を費やしているのに次から次へと故障する。CDチェンジャーの場合はマガジンを一度取りだしてもう一度入れると直ったりするのだが、ナビのCDが入っている場所はトランクの下奥の方にあるらしく、ちょっとやそっとでは取り出せない。旅行前日にベンちゃんを買った車屋に行って相談してみると、同じ症状が出た他のお客さんの話を聞いたことがあるとかで、結局その人はナビ毎新品と取り替えたらしい。本体だけでも30~40万する代物。工賃だのなんだの入れると50万?ってな感じである。これまでも電気系統があちこちおかしくなって、それでも清水の舞台から飛び降りる思いで買ったベンちゃん。誤魔化しながら乗るのは嫌だったのでその都度純正部品を取り寄せる。そのたんびに十万だぁ十五万だぁって払ってきた。しかしさすがに50万となると簡単に返事はできない。車屋の話では日本製の外付けのナビの方が高性能で、しかも7~8万あれば買えるという。この『外付け』ってのがどうにもみっともなくて嫌だったのだが、どちらにせよ翌日の旅行出発には間に合わない。車屋が自分の外付けのカーナビを貸してくれた。それを使っての旅行だった。勿論説明書なんか無かったので、自分であちこちいじりながら覚え、設定していた。もしかしたらその手順のどこかで変な操作をしたのかもしれないが、とにかく今出されている指示どおり進んでも天塩町に行かないことがわかった。途中で見つけたT字路で方向転換をして急いで元の国道に戻る。途中、またさっきの片側交互通行のところへ。こちら側に立って指示を出していたのは・・・・・恰幅の良いネエチャンだった。
 ナビのご乱心のおかげで十数分のタイムロスを取られながらもようやく元の国道に戻る。その後はただただ南下をし、道も混んでいなかったので予定していた9時の2分前に道の駅『てしお』に到着。ここの道の駅は売店の開店時間が9時だった。建物の中に入ってとりあえずトイレ。用を足して売店の前に戻ると横にあったテレビの画面右上には9:00と表示されていた。でもまぁ田舎だからのんびりしているのか、売店の準備はまだできておらず、『少々お待ちください』の立て看板が。その前で黙って待つ。寝癖をつけたオバチャンやらなにやらがゆっくりと開店準備を進める。奥にしまってあった、珍味が乗っているワゴンなどを店先に並べる。9:06頃だっただろうか?ようやく全部出し終わったところで店員達が談笑を始める。しかし『少々お待ちください』の看板はそのまま。業を煮やして
「すいませ~ん、もういいですかぁ~?」
するとおっちゃんが
「あぁ、いいよぉ~。」
「(-”-)・・・・・


(`Д´)ほんならオマエから客に声をかけんかいっ!」

とか思いながらも黙ってカントリーサインマグネットプレートを購入。
teshio.jpg
 牛とシジミ。そして天塩川か?とりあえずこの牛の顔を見たら怒りも失せた。

 9時に到着して9時5分には出発する予定だったがお店ののんびりさに5分オーバーの9時10分発となった。次に向かうのはまたもや道の駅『富士見』。この日、5日間の旅行の中で一番スケジュールが混み合っていたのでとにかく先を急ぐ。『てしお』から走ること20.4km。道の駅『富士見』に到着。
20090806014.jpg
 前日の道の駅『さるふつ公園』もそうだったが、建物がいっぱいあってどこでプレートが売られているのかわからない。1つの建物に入って辺りを見渡すがプレートを発見できず。オバチャンに聞いてみると
「一番端の建物にあるよぉ~。」
と。しかし、さっきからどうしてコイツらみんな、タメ口なのか?
20090806015.jpg
レストランの名前が『がりがりくん』とは面白いなぁと思って撮影したが、『とんがりかん』であった。朝ご飯は食べてきたのでさっさと次の目的地へ。予定よりも3分遅れの出発だった。
 あ、忘れてました。コチラ富士見のある遠別町のカントリーサインはコレ
enbetsu.jpg
 え?こんなところでお米とメロン作ってるの?

【2009/08/31 05:39】 岬巡りの旅 番外編 | トラックバック(0) |
コメント(0)
comment
投稿













管理者にだけ表示を許可する




trackback
trackback url ↓
http://f515.blog17.fc2.com/tb.php/1453-de60c82f



| ホーム |
アクセスカウンター

アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

CalendArchive

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
独身・フリー
49位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
独身生活
28位
アクセスランキングを見る>>

最近のコメント

リンク

※半年間無更新で削除してます。再開しましたらご連絡くださいね。

このブログをリンクに追加する

左クリックで餌をあげてね

ブログ検索


Copyright(c) Ktaro All Rights Reserved /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。