ぶつぶつ・・・。 第71話 マスイチセ
ジャンルわけなんてできないですね。「ぶつぶつ」ですから・・・。
No,

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
No,1517

第71話 マスイチセ

マスイチ撮影場所~マスイチセ展望台
20090921083.jpg
「マスイチなのかマスイチセなのか、はっきりせいっ!」
と思ったら、アイヌ語の『マスイ・チセ』(ウミネコの家)を語源とするマスイチ浜という名前の場所らしいです。
20090921081.jpg
 駐車場に車を停めると、海に向かって左側にも右側にもこうした階段が続いている。この画像は左側。どう見ても見晴らしが悪そうで、しかもどこかに続いている散策路っぽかったので右側へ進むことに。
20090921086.jpg
「(-”-)『かまれる恐れがある』?」
 なんかこう表現すると、かまれることが稀のような感じがしますが、私の印象としてはマムシに出会うと必ず襲ってくる、そんな気がします。小さい頃はよく、『○○さんちの△△ちゃんが河原でかまれた』とか聞きましたもの。それで『死んだ』ってのは聞いたことがなかったですけどね。
20090921085.jpg
 こんな感じに高台になっているところに上がってみました。なにやら道はまだまだ向こう側まで続いているようですが、地図上では向こう側になにもなかったはずなので、マムシも嫌だし歩くのはここまで。
20090921083.jpg
 これがマスイチセ・・・・マスイチ?どっちでもいいや。東蝦夷日誌という書物にも『くちばしとみずかきが赤き鳥が住む故なづく』と書かれているそうです。
 岬巡りであちこち回っていると
「(°〇°;) こんなところにも人、住んでんの?」
ってのがチラホラありましたが、この入り江に家はありません。ただし
20090921084.jpg
なんか岩肌に洞穴っぽいのが見えません?最初は波の浸食によるものかと思ったのですが、有史以前にはここに人(猿?)が住んでいたようで、昭和34年には大規模な遺跡も発見されています。
20090921087.jpg
 車に戻る途中、柵の向こうの崖の上に、なにやら墓碑のようなものを発見。ズームして写してみると
20090921088.jpg
ちょっと、なんて書いてあるかわかりませんねぇ。アレ、なんだったんだろうな・・・。
【2009/10/25 05:27】 岬巡りの旅 太平洋沿岸編 | トラックバック(0) |
コメント(0)
comment
投稿













管理者にだけ表示を許可する




trackback
trackback url ↓
http://f515.blog17.fc2.com/tb.php/1517-d44500c1



| ホーム |
アクセスカウンター

アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

CalendArchive

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
独身・フリー
48位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
独身生活
29位
アクセスランキングを見る>>

最近のコメント

リンク

※半年間無更新で削除してます。再開しましたらご連絡くださいね。

このブログをリンクに追加する

左クリックで餌をあげてね

ブログ検索


Copyright(c) Ktaro All Rights Reserved /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。