ぶつぶつ・・・。 第87話 そして晩ご飯
ジャンルわけなんてできないですね。「ぶつぶつ」ですから・・・。
No,

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
No,1546

第87話 そして晩ご飯

20091031050.jpg
 トフケナイ岬を撮影し忘れ、シロカラモイ岬からおよそ70.8kmやって来て別海町の北方展望台へと参りました。あ、町民がうるさいので申しておきますと、『別海』は『べっかい』ではなく『べつかい』ね。どっちでもいいんだけど。
20091031049.jpg
 まだ4時かそこらだったと思うのですが当たりはもう既に暗くなり始めています。水平線が見そうな当たりに陸地が見え、わずかに光っているのが確認できるかと思いますが、あれは北方領土ではなく明日走る予定の野付半島にある灯台です。
 地図で確認してみましょう。
notukehantousyuuhen.jpg
 この野付半島は、知床半島から流された砂利などが堆積してできたものらしいです。この湾内では今でも打瀬船による北海シマエビ漁が行われています。打瀬船っていうのは木造の和船のことで、和船っていうのは・・・・・・・・・なんかよくわかりませんが西洋の船と比べて浮いたり進んだりするための役割を担う部分が異なるようです。あ、丸木船!あれが和船と同じ仕組み。で、竜骨って言って船の一番下の部分に縦に一本走ってるあの・・・・・・うん、やっぱりうまく説明できないや。
notukesyuuhenn2.jpg
 明日はこの半島の先っぽ。龍神崎と野付崎灯台を撮影しに向かいます。ネイチャーセンターあたりで一般車両は通行止め。その先に車を乗り入れるには許可が必要になります。この日に泊まるホテルは北海道島側。地図だと野付半島を走る道道950線よりももうちょっと濃い黄色で表示されている国道244号線。通称野付国道側に建っています。翌日もしも知床横断道路が閉鎖されると、これまた予定が狂うので今日のうちに灯台まで行ければ行きたかったのですが、片道30kmほど走らなければならない。今この時間であんなに暗かったのだから着く頃には真っ暗なんじゃないかと、この日は早速ホテルに向かいましたよ。
20091031051.jpg
 数年前に建て替えられたばかりのホテル・・・というか旅館。このホテルのオーナーが独自で掘り当てた温泉が泉源となっています。掘り当てたって言ったって、ココから知床に向けてアッチコッチ温泉あるんですけどね。根室(別海町は根室管内)でカニと言えば花咲ガニ!それが1人1杯付いて12750円です。辺鄙なところにした高いですが、花咲ガニが付いていますからね。
 新館は完全に和室のようなんですがそちらは禁煙。宿に到着してから出るまで私はたぶん耐えられないだろうから旧館の喫煙OKの部屋がこの和洋室。
20091031052.jpg
 さすが建て替えただけあって洋室の方には開かずの謎の扉がありました。ちょっと暗いですねぇ
フラッシュ焚きましょうか。
20091031054.jpg
 和室の方には今流行の薄型テレビが置いてありましたが、洋室の方は以前使っていたであろうブラウン管のテレビ。しかもこのテレビ。このタンスに引っかかってこれより外に出すことができませんでした。
 着いたのは16時半ぐらいで夕飯は18時から。まずは早速お風呂の方へ参りました。さすがに撮影はできませんでしたが、オフシーズンであることと時間が早かったことが手伝って大浴場は貸し切り状態。股開いて大の字になって浸かってきましたよ。『大』浴場と言っても洗い場は6つしかない、ほんと小さな大浴場なんですけどね。
 お風呂から上がったらさっそく晩ご飯です。
20091031055.jpg
 まずは1人1杯付いてくる花咲ガニ。ちょっと小さめですねぇ。市場に出回るなら2000円か2500円ぐらいでしょうか。勿論この宿はほとんど無料に近い状態で仕入れていると思いますけどね。
20091031056.jpg
 そして北海シマエビ。コレ、1人分です。私の旅の同行者なんですが、エビ、苦手なんですよ。エビそのものは食べられるんだけど、その殻を剥くのが嫌なんですって。虫を想像するのかな?カニは自分で剥けるんですよ?でもエビのあの細かい足がダメなんですって。だからまず同行者のエビを尻尾だけ残して全部剥きます。そして花咲ガニも足をもぎ取るときにあのトゲトゲが手に刺さりますから解体もしてあげます。しばら~くしてようやく私の口にもエビやカニが入りました。
20091031057.jpg
あとはこのホタテの貝殻焼き。貝柱の周りが白いのが♂でオレンジというかピンクというか、色づいているのが♀です。あっという間に火が消えてしまって半生状態で頂きましたが、それでも臭みが無く頂くことができました。おいしいかどうかはさておき。
20091031060.jpg
それからお造りね。このエビは殻を剥いても頭のミソが身に付いてしまうと言うことで同行者は食べず。私が頂きました。
20091031062.jpg
それから揚げ物ね。晩ご飯は18時からと言われて18時丁度に行ったからまだちょっと暖かかったです。これが18時半とか19時に行くと冷え冷えなんでしょうね。冷めた天ぷらほどまずいものはありません。いくら面倒でも、ろくに宿泊客いないんですから揚げ物ぐらいは客が席に着いてから揚げてもらいたいものです。その面でこのお宿は失格ですねぇ。
20091031061.jpg
それからこれはなんかの団子。柚子がきいておりました。
20091031058.jpg
 飲んだお酒は根室の地酒、北の勝。これは限定酒らしいのですが、これっぱかしで840円。ちょっと高すぎますね。ここは2流の観光地。どんなことしてでもお客さんが来るわけではないのだから、こういう商売の仕方をしていては長くは持ちません。あとからやってきた老女のペアが、カニに驚いて『安い安い』と大騒ぎでしたが、やはり都会モンはカニに騙されますね。
20091031059.jpg
とかなんとか言いながら、カニは食べきりましたよ。冷凍物でしたけれど、久々の花咲ガニでしたからね。
 このあと部屋に戻って飲み直し。同行者が二度目のお風呂に入っている間に私はグッスリ就寝。まぁいつものことなんですけどね。『宿に着く』⇒『食べる、呑む』⇒『寝る』なものだから、いつも私は早起き。翌朝も4時台に目覚めましたよ。
【2009/11/14 07:20】 岬巡りの旅 番外編 | トラックバック(0) |
コメント(0)
comment
投稿













管理者にだけ表示を許可する




trackback
trackback url ↓
http://f515.blog17.fc2.com/tb.php/1546-c98b524b



| ホーム |
アクセスカウンター

アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

CalendArchive

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
独身・フリー
52位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
独身生活
34位
アクセスランキングを見る>>

最近のコメント

リンク

※半年間無更新で削除してます。再開しましたらご連絡くださいね。

このブログをリンクに追加する

左クリックで餌をあげてね

ブログ検索


Copyright(c) Ktaro All Rights Reserved /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。