ぶつぶつ・・・。 第105話 葛登支岬
ジャンルわけなんてできないですね。「ぶつぶつ」ですから・・・。
No,

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
No,1637

第105話 葛登支岬

葛登支岬 撮影場所~国道228号線茂辺地付近の駐車スペース
20100429001.jpg
 いや~、雪が解けましたね。ついでにゴールデンウィークも終わっちゃいましたね。そろそろサクラの季節という北海道に住むKtaroです。お久しぶりです。
 今回のGWも走りましたよ~。初日に700km。おまけに猛吹雪。というのも4月29日に旅立ったんですが、この日季節はずれの寒波で十勝地方は雪。高速道路も渋滞・・・はしないが雪が積もってぬかるむため、せいぜい時速40kmがいいとこ。朝5時半に家を出て行ったのですが、700km走るのに丸々12時間以上かかっちゃいましたね。
20100429000.jpg
 今回最初の岬は函館の西側、数年前に町村合併してできあがった北斗市にある葛登支(かっとし)岬。この地図で言うと私はずーっと右側にはずれた所からやってきたわけですが、今回函館は無視。市内に入ることもせず森から旧大野地区に入り、丁度函館市の上っ面を回るようにして海岸沿いへ出て参りました。
 ここのところいつも迷うのですが、森町の方からやってきてトラピスト修道院のある江別あたりを目指すと、カーナビは函館新道に入る前に右折を要求。大野地区の中を抜けるルートを指示してきます。距離的には近いのでしょうが、下の道をタラタラと走るのと、函館新道を使ってぐるりと回るのと、時間的にはどっちが早いのかな?今度マップファンでも使って調べてみようと思います。

 話しは戻り、今回一発目のこの岬。撮影しようにも国道228号線、しかも北斗市から西に向かって海岸沿いに延びる部分は北海道の国道とは思えないほどの道の狭さ。路駐しようにも狭い+カーブの連続でなかなか駐車スペースが見つかりません。そんな中、最初の写真を撮ったあの場所にスッと入れたのはラッキーでした。この日全道的に大荒れのお天気。海の水もバッチィし、雨も降っていたということで葛登支岬の画像はあれだけです。


201004290000.jpg
今回の予定ではこの地図に見えている蛇ノ鼻岬や見えていない小さな岬の数々を写し、尖山の南東部分に川が4本ほどあるあたりまで続いている道を走り矢越岬を望遠で撮影。国道に戻って山の中を走り、知内町の西側、千代の富士のふるさとである福島町側からツバクラ岬を目指し、まぁ見ることができないのはマックラノ岬ぐらいかなぁなんて思っていたのですが、雪による高速道路低速走行のため1時間半ほど時間がおしているためこれら全てを写すことを断念。次回、函館の東側の岬を巡るときに知内まで足を伸ばすことにして、今回は福島側の岬だけ写真に収めることにしました。

 桜が見たかったけど桜は咲いておらず、色々予定が狂った今回の旅ですが、船なんかも乗っちゃったりしたので気長に楽しみにしててくださいね。とにかく修学旅行を終わらせないと落ち着いて更新もしてられませんよ。
【2010/05/08 17:33】 岬巡りの旅 津軽海峡沿岸編 | トラックバック(0) |
コメント(0)
comment
投稿













管理者にだけ表示を許可する




trackback
trackback url ↓
http://f515.blog17.fc2.com/tb.php/1637-ead2a2a2



| ホーム |
アクセスカウンター

アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

CalendArchive

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
独身・フリー
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
独身生活
22位
アクセスランキングを見る>>

最近のコメント

リンク

※半年間無更新で削除してます。再開しましたらご連絡くださいね。

このブログをリンクに追加する

左クリックで餌をあげてね

ブログ検索


Copyright(c) Ktaro All Rights Reserved /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。