ぶつぶつ・・・。 第107話 道の駅『しりうち』
ジャンルわけなんてできないですね。「ぶつぶつ」ですから・・・。
No,

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
No,1639

第107話 道の駅『しりうち』

20100429006.jpg
 ただいま。現在5月11日火曜日22時30分。ほんの30分ほど前に学校から帰ってきました。いやいやいやいや、ホント行事構成がメチャクチャな学校ですよ。学校が始まったのが4月の6日。それからの勤務日が今日を入れて21日間。この21日間の間に学級組織を決めて修学旅行の組織を決め、修学旅行については細かい決まりを生徒を使って決めて(教師だけで決めればどんなに早く終わることか・・・)更に徹底し、4月18日(日)には日曜参観で保護者説明会を開き決まりと値段を報告。そして旅行業者と事細かな打ち合わせを行(本来はコレが先であるが保護者説明会の日がとても早く設定されているために仕方がない)ってその業者がいなくても自分たちだけで引率できるようにしておく。途中から色々良いアイディアが浮かんでも既に価格を決めてしまっているためになかなか効率の良い作業ができない。そんな中で家庭訪問が始まります。大都会の二十数人一学級とワケが違います。法律ギリギリの40人居る学級ですよ。それらの保護者から希望をとって、しかも
「(;´ー`)ある程度、幅を持たせてくださいよぉ~。じゃないと組めませんからねぇ~。」
とお便りを出すも、一切無視して
「5月6日の13:40~13:55を希望。」
なんていう返事が何軒も返ってきて、それらの調整をしつつ予定を組んでお知らせ。そして実際に家庭訪問を7日間ほどかけて回る。この間、修学旅行関係のことで生徒を集めたり何だりはできないんですよ。だって我々担任が学校にいないわけですから。
 そして教育委員会に対して報告する文書も締め切りが5月7日だったりするんですよ。要はこの一年間どういう風に学校・学級、あるいは教科を運営していくかって文書ね。もう明らかに
「連休中にやれ!」
的な位置づけです。そしてPTAね。学級から役員さんを選出する。これも担任がやらなければなりません。希望聞いたって誰もやりませんよ。10年前なら
「私、仕事してるんで・・・。」
とか言って逃げ切れましたが現在はそうはいきませんよ。みんなしてますモン、仕事。そりゃね?直接私が声をかけたらみんな引き受けてくれますよ。だって断れないじゃないですか。直で頼まれてるのに。私もまだ30前後の頃はこれで一発で決めていたんですよ。でもね?だんだん、
「これって不平等だよな。」
って思いましてね。で、今は輪番表を作ってやってます。最初にまず子ども使って順番決めて、番号上位の方から何かやっていただいた順に番号を下位に下げ、きちんとみんながいつかは何かをやらなければならないっていう、実に民主的な仕組みをね。『これで万事OK』ってことでスタートしてるのに後からゴニョゴニョ言う輩もいれば、ガキのやることですもの、プリント渡すの忘れたーとかいろいろなるわけですよ。それでも明日5月12日までに決めなきゃいけない。
 1日7時間45分勤務っていうのが現在の地方公務員です(これについても問題が1つあるのですがこの際それは置いておきます)。そのうちだいたい200分から多いときで300分は授業しています。朝の打ち合わせや朝の学活、給食指導や帰りの学活の合計が75分ですよ。子どもが家庭学習を私に出します。数学教師ですのでね。担任に出してるだけなら
「ヽ(^。^)ハイハイ~、よくやったねぇ~、花まるぅ~。」
で1冊当たり5秒で見終わりますよ。ところが私に出された以上はまずやってることが合ってるかどうか私自身が解き直します。そして間違っていればその箇所を指摘します。1人の子のノートを見るのに50分丸々(中学校の授業は50分)かかることもあります。
 わかりやすくするために、『勤務時間7時間45分』を全部分で表しましょう。『465分』です。ここから、多いときの授業時間300分と必ず使われる『学活、他』の75分を引きましょう。もう90分しか残ってませんよ。1時間半です。お気づきかと思いますが、私は掃除を見ていません。輪番制をとらずに完全に半期固定制をしいてます。そうすることで自分たちの仕事に『責任』というよりも『自覚』を持たせサボるヤツを減らすんです。
「どうやってだよ?」
と反論ある方も居るかも知れませんがその話はそのうちに。ただ、言えることは責任が自分にある期間が少なければ少ないほど、人間ってのはいい加減になりますよ、えぇ。
 で、時間の話しに戻りますが、私は見てないけど他の『1週間で当番を交代』ってやってる先生方は掃除もビッチリ付いて見張ってますよ。そしたら15分、20分がそこに使われます。さっきの段階で90分しかなかったのに20分引いてご覧なさい。もう70分ですよ。そこに今度家庭学習ノートなんか見たものなら、意味のないグルグル○つけておしまいならどうってことないでしょうが、家庭学習を意味ある物にするための見方をしたら・・・・・。もうね、我々は1日で仕事なんか終わらないんですって。まだ職員会議に使う時間とか一切入れてないのに勤務時間使い切ってるんですよ。生徒と話す時間を一切入れてないのに勤務時間使い切ってるんですよ。それが1年中慢性化しているのに、そこにさっきの最初の話しが加わるんですよ。終わんないって。
 7時間45分だけ働けばいいわけでないことも、休憩時間である1時間も加わって実質8時間45分働いていることも、別にもうどうでもいいんですよ。ただ、8時間45分働いても尚終われないような行事の組み方を、同じ一教員である者が決めているこの環境。どうにかしたいですねぇ。
「( ̄o ̄)今日の記事、道の駅とかなんか関係あった?」
「( ̄д ̄)無いんじゃない~?」
「(;゜0゜)えっ!?オマエ、誰?」
【2010/05/11 23:32】 岬巡りの旅 番外編 | トラックバック(0) |
コメント(0)
comment
投稿













管理者にだけ表示を許可する




trackback
trackback url ↓
http://f515.blog17.fc2.com/tb.php/1639-1affe2e4



| ホーム |
アクセスカウンター

アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

CalendArchive

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
独身・フリー
52位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
独身生活
31位
アクセスランキングを見る>>

最近のコメント

リンク

※半年間無更新で削除してます。再開しましたらご連絡くださいね。

このブログをリンクに追加する

左クリックで餌をあげてね

ブログ検索


Copyright(c) Ktaro All Rights Reserved /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。