ぶつぶつ・・・。 第108話 道の駅『横綱の郷ふくしま』
ジャンルわけなんてできないですね。「ぶつぶつ」ですから・・・。
No,

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
No,1640

第108話 道の駅『横綱の郷ふくしま』

20100429007.jpg
 たぶん、ここが一番道の駅としてお金かけてないんじゃないかなぁ~。だって一番正面で撮影してどこにも『道の駅』って書いてないですからね。
 福島町ってところをちょっと調べてみました。北海道には数多く本州の地名が付いている地域があり、結局の所そこからの移住者によって開拓されていたなどの歴史があるようですが、果たしてここ福島町も同じなのかな?
 ここ、福島町の前身、福島村という名前ができたのは1624年のこと。なんでも1617年以降、金堀がどんどんやってきて繁栄したがその後不作・不漁が続き、おまけに火災によって村が廃絶しそうになった。ところがその時、神のお告げがあったんですって。それまでのオリカナイ(アイヌ語のホロカナイの訛りと考えられ、『逆流する川』の意)を福島に変えろってね。それを当時の藩主だった松前家第7代当主松前公廣に言ったところ、そうしようってなったんです。
 なんかいい加減ですねぇ。さて、縁起担ぎで名前を変えるのはよくあることですが、ではなぜ『ふくしま』なのか。画数占いじゃないですが、文字には力が宿ると考えられていたようですから単に吉祥を意味しているのかも知れないし、本州各地の地名にあやかったのか、果てまたそれらの地方出身者がその名前を持ち込んだのか、結局の所今ではもうわからないそうです。東北地方には『福島県』以外に多数の『福島』が存在するようだが、それらとの接点は一切見えず。西隣の松前城下の『福山』という地名に対し(松前城の昔の名前は福山城である)、白神岬によって距たっているという意味での福『島』なのではないかという話しが有力のようだ。
 北海道というとかつてはアイヌの土地であり、では和人はいつから居るのかという話しになるのだが、道内数多くアチコチに残されている義経伝説がここにもあるようで、今では誰も義経が来たとは考えていないが、火のない所に煙は立たぬ、つまりそれに関係するような藤原氏の残党などが来ていたのではないかということで、12世紀にはもう和人が住みついていたと考えている。
 先ほど紹介した松前の東、ここ福島の西にあたる場所に白神岬があるのだが、反対に福島の東には矢越岬がある。現在でもそこまで続く道は切り開かれていないのだが、この『矢越』の由来も興味深い。
 源義経が奥州平泉を逃れて蝦夷島に渡ろうとした時、岬の沖でにわかに海が荒れ出し、船が動かなくなった。義経が岬めがけて一矢を放つと魔神もおそれて波静かとなり、無事に上陸することができた。以来、この岬を矢越岬と称するようになった 
と言うのだが、一方でアイヌ語には『ヤクシ』というのがあり、その意味は『内陸を通るところ』である。さっき紹介したが矢越岬には現在でも道がない。函館からずっと沿岸沿いに走っている国道も、前回紹介した知内町(サブちゃんの生まれ故郷ね)で一旦内陸部を通る、まさに『ヤクシ』である。どうもこっちの方が信憑性が高い。だいたい、船上から天候が悪くなったので岬に向かって何かを放つっていうのは昨年ご紹介した神威岬の伝説とほぼかぶってますからね。
上空から見た矢越岬
yagoshimisaki.jpg
 さて、そんなこんなで名付けられた福島ですが、1900年には白符村を合併、1944年に福島町となり、1955年には吉岡村を編入。どんどん成長を続けてきた福島町であるが、朝鮮戦争終了の煽りによる不況で1960年代には日本の8割の地方自治体が借金を抱える状態になったが福島も例に漏れず、1969年に財政再建団体にまで落ちぶれている。3年後の1972年にはその汚名を返上する。
 産業は水産業が主で、スルメの生産量日本一である。郵便局は2カ所、交番は1カ所の福島町。でも大相撲の世界では第41代横綱千代の山、第58代横綱千代の富士2名を排出しており、人工に対する横綱の割合も日本一である。
 日本国内では青森県三厩村、長崎県福島町、長野県木曽福島町と友好都市関係を結んでいたが、現在では平成の大合併などによりこの3つの村町は全て存在しないのも面白いところだ。
 一番ビックリしたのは最寄りのJR駅。どこだと思います?吉岡海底駅ですよ。この『吉岡』というのも福島町の地名。現存する小中学校は二つずつ。福島小学校、福島中学校、そして吉岡小学校、吉岡中学校である。
【2010/05/12 22:09】 岬巡りの旅 番外編 | トラックバック(0) |
コメント(2)
どりーみー/ Ktaro/ 
comment
♥  
北海道は割りと早くに内地人が移っていたのですね。義経は北海道には行かなかったのですか?モンゴルに行ったと言う話も有りますが、実際には平泉で亡くなっているんでしょうか?
福島と言う名前は字柄からみるといい名前ですよね。先人はどんなことを考えていたんでしょうね。
とても楽しく読ませていただきました。




【2010/05/19 17:32】 url[どりーみー #JalddpaA] [ 編集]
----------------------------------------
♥  To どりーみーさん
 長々ダラダラと書き綴った文章をお読みいただきありがとうございます(´ー`)。自分で読み返してみると、逆接が繰り返されたり一文が長かったり、ちょっと読みづらかったですね。漢字の変換ミスも見つけました。
 かうては1つの記事を書くのに3時間、4時間もかけていたのですが、担任に戻ったことで時間と体力が無くなってきて(^~^;)ゞ
 義経が討ち取られてその首を運んだとき、かかった日数と高温による腐敗が酷くて誰の首なのかわからなくなっていたそうで、それで色々な所に義経が渡っていった伝説が残っているのでしょう。

【2010/05/21 16:13】 url[Ktaro #xs9SEtpE] [ 編集]
----------------------------------------
投稿













管理者にだけ表示を許可する




trackback
trackback url ↓
http://f515.blog17.fc2.com/tb.php/1640-44bd8143



| ホーム |
アクセスカウンター

アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

CalendArchive

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
独身・フリー
52位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
独身生活
31位
アクセスランキングを見る>>

最近のコメント

リンク

※半年間無更新で削除してます。再開しましたらご連絡くださいね。

このブログをリンクに追加する

左クリックで餌をあげてね

ブログ検索


Copyright(c) Ktaro All Rights Reserved /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。