ぶつぶつ・・・。 第111話 白神岬
ジャンルわけなんてできないですね。「ぶつぶつ」ですから・・・。
No,

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
No,1643

第111話 白神岬

白神岬 撮影場所~白神岬展望台(?)
20100429013.jpg
 とうとうやってきました、北海道最南端、最果ての地・・・・・という雰囲気は全くないですねぇ。だって、北海道から見て南側は日本人のほとんどが住んでいる本州があります。北海道の端であることには変わりないですが、向こうにはたっくさん日本人がいるって考えると、別になんの感慨も無いわけでして・・・・・
20100429014.jpg
 今までにもいくつかありましたが、この白神岬もその場所に来るまで気付かず、岬らしい写真が撮れる『横から』ではなく、直で岬の上に乗っかって上からの撮影となりました。はい、岩礁です。岬そのものが岩礁なのではなく、岬を形作っている陸地部分とその周辺を走っている道路という関係によってこうなってしまったのでしょうが、先にお見せした雄冬岬や矢越岬(←これはパクッた写真)とは違って人の進入をたやすく受け入れる岬だったようです。

 さて、岬の名前にはいくつか種類があるのをご存知でしょうか?
岬、崎、埼、鼻・・・・・
みさき、さき、さき、はな・・・・・なんで『はな』?

 今回、積丹半島の岬も制覇してきましたが、確か『鼻』ありましたよ。蛇の鼻とか竜の鼻とかそんな感じの。それからいきなりの冬の始まりで遊覧船に乗り損ねた昨年11月の知床半島。あそこにも鼻ありました。知床五湖を見に行った途中にあったにもかかわらず、翌日クルージングで一気に撮影できるからと撮らなかった・・・・・象の鼻とかだったかな?北海道以外にも長崎鼻ってのもあるらしいですね。崎にさらに鼻ですもの。でっぱりまくってます。
 ところで、この『鼻』ってのはよくわからないんですが、他の岬、崎、埼は使い分けをするようです。特に『崎』と『埼』。
 はその字の中に『山』を含むだけあって、高い山が海岸沿いで急に海に落ち込んでいる、そういう場所。雄冬岬や矢越岬がまさにそうですね。この意味で考えるに『崎』と『岬』はほぼ同義語のようです。それに対して『埼』は平らな陸地が突出している部分。私が見てきた岬の中にはこの『平らな陸地が突出』しているところが多くあり、単なる岩礁、あるいは満潮だったらその岩礁すら確認できない場所もありました。『平らな陸地が突出』していて有名な岬と言えば、根室の納沙布岬がそうだと思います。アチラは島もなぜか真っ平らですからねぇ。
 一応、ここ白神岬は『崎』のほうですね。車を停めて撮影した場所こそ平らな陸地でしたが、勿論それは人工的に作られた場所。道路を敷くためにね。もともとは斜面だったんだと思いますよ。

 さて、もうちょっと白神岬について調べてみましょうか。ここ白神岬は勿論北海道ですが、実は本州最北端となる大間埼(大間のマグロ、の大間ですね)よりもわずかに南に位置しているそうです。

 北海道最北端、最東端とは違い、最西端と一緒に地味な最南端でした(そこより西にも南にも日本があるのだからあたりまえか・・・・・)。
(´ー`)ちなみに今回の旅で『最西端』の撮影もしてきましたよ。
【2010/05/25 06:19】 岬巡りの旅 津軽海峡沿岸編 | トラックバック(0) |
コメント(0)
comment
投稿













管理者にだけ表示を許可する




trackback
trackback url ↓
http://f515.blog17.fc2.com/tb.php/1643-ff9fab0f



| ホーム |
アクセスカウンター

アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

CalendArchive

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
独身・フリー
60位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
独身生活
36位
アクセスランキングを見る>>

最近のコメント

リンク

※半年間無更新で削除してます。再開しましたらご連絡くださいね。

このブログをリンクに追加する

左クリックで餌をあげてね

ブログ検索


Copyright(c) Ktaro All Rights Reserved /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。