ぶつぶつ・・・。 第136話 外横澗岬
ジャンルわけなんてできないですね。「ぶつぶつ」ですから・・・。
No,

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
No,1682

第136話 外横澗岬

外横澗(そとよこま)岬 撮影場所~せたな町大成区花歌
20100430401.jpg
 はい~、だんだんと岬なんてほど遠い景色になりつつあります、ここ外横澗岬。立っている場所は海岸沿いなんですよ。ナビの画像も
20100430402.jpg
こんな感じですからね。

 ヤフージャパンで『外横澗岬』でヒットするのは、ナント8件だけ。そのうち5件は、とりあえず名前入れればヒットするような、電話番号のでない電話帳だったり、何も情報のない情報ページだったり。1件は漢字『澗』に興味を持った男性のブログ。ただ単に『澗』の字が入った地名が連なって記載されているだけ。
 残り2件のうち1件は、私が岬巡りをするにあたって参考にさせていただいた岬コレクションさん。しかし、こちらも岬名とその住所が出ているだけ。岬名をクリックすると地図が開きますが、かといってそこの場所を解説しているわけでもない。
 残りの1件は、岬など沿岸部について検索しているとよく見る『環境脆弱性指標図』のPDFファイルですよ。『きじゃくせい』じゃなくて『ぜいじゃくせい』です。ま、私も今『きじゃくせい』で変換しようとしてパソコンに間違いを指摘されたんですけどね。ということで、外横澗岬について何も資料が得られなかったのですが、せっかくですから
「環境脆弱性指標図って何?」
ってところを調べて終わりにしましょう。この、『環境脆弱性指標図』ってのが、沿岸部を調べていると必ず出てくることから私はてっきり、弱いところ、道路で言うところの路肩が弱いところとその度合いみたいなモンを表していると思ってたんですよ。つまり、そこの海岸を歩くと崖崩れして危険だよ、みたいな。ところがそうではなくて、これは海上保安庁が作っているようですが、万が一その沿岸付近で油の流出をした場合に、その害を最小限に抑えるための資料、のようです。つまり地形を把握し、どこにオイルフェンスを張るとか、そういうのに活用しているようですよ。知ってた?
【2010/10/20 04:20】 岬巡りの旅 日本海沿岸編 | トラックバック(0) |
コメント(0)
comment
投稿













管理者にだけ表示を許可する




trackback
trackback url ↓
http://f515.blog17.fc2.com/tb.php/1682-462b7da3



| ホーム |
アクセスカウンター

アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

CalendArchive

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
独身・フリー
46位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
独身生活
24位
アクセスランキングを見る>>

最近のコメント

リンク

※半年間無更新で削除してます。再開しましたらご連絡くださいね。

このブログをリンクに追加する

左クリックで餌をあげてね

ブログ検索


Copyright(c) Ktaro All Rights Reserved /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。