ぶつぶつ・・・。 第152話 茂津多岬、中茂津多岬、冷水茂津多岬
ジャンルわけなんてできないですね。「ぶつぶつ」ですから・・・。
No,

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
No,1711

第152話 茂津多岬、中茂津多岬、冷水茂津多岬

茂津多岬 撮影場所~せたな町瀬棚区北島歌と島牧村持田の境目 とある山の山頂部にある茂津多岬灯台の中2階から
20100501431.jpg

中茂津多岬 撮影場所~せたな町瀬棚区北島歌と島牧村持田の境目 とある山の山頂部にある茂津多岬灯台の中2階から
20100501432.jpg

冷水茂津多岬 撮影場所~せたな町瀬棚区北島歌と島牧村持田の境目 とある山の山頂部にある茂津多岬灯台の中2階から
20100501433.jpg
「(¬_¬)いや、別に何って訳ではないんだけど・・・・・これ、岬写ってないよねぇ?」
「┐('~`;)┌ サッサァ・・・」
 この辺の地図を見てみましょう。
20100501439.jpg
 ご覧の通り、画面中央に茂津多トンネルが抜けているのが見えると思います。そして海岸沿いには南から茂津多(もった)岬、中茂津多(なかもった)岬、冷水茂津多(ひやみずもった)岬があります。えぇ、近くに道路がないんです。行けないんです。計画の段階でもこの3つの岬については完璧に諦めておりました。ところが
201005014391.jpg
 おわかりでしょうか?オレンジの道が国道なんですが、茂津多トンネルに入る直前から海岸に向けて道が続いております。現地を走っているときに『←茂津多岬灯台』の看板が偶然目に入り、
「もしかして旧道が残っているのかしら?」
とその道に入ってみました。ところが、海岸に向かうというよりは山を登り始めたという方が正解。すれ違うのはちょっと無理っぽい舗装道路をしばらく上ると、すぐに砂利道に。路肩の位置を右目で確認しながら、いきなり対向車が来ても大丈夫なように時々クラクション、時々前を見る、でもほとんどは路肩を気にする、といった感じでどんどん山道を登っていきました。こういう趣味になるとわかっていたなら、数百万も払ってベンちゃんなんか買わずに、数万でジムニでも買っていたんですけどねぇ・・・。ちょっと、この辺がどういう道なのか、どこかのサイトから写真をいただいてきましょうか。この日、スタートから遅れていたために、途中の風景はすっ飛ばして来ちゃったモノですから。


パクってきました。画像保護がかかっていたので著作権は放棄していないな、ということでとある方法で取り込んだ画像を加工(不要部分カット)することでオリジナル画像としました。
201005014392.jpg
 こんな感じで茂津多トンネル南側入り口手前に茂津多岬灯台への林道入り口があります。これまでも岬と言えば灯台が付きものでしたが、灯台そのもには特に興味がないのと、この日は出発からタイムスケジュールに遅れがあったことから素通りしようと思っていましたが、なんたって日本一高いに惹かれて登ってきましたよ、車でね。
201005014393.jpg
 比較対象がないのでわかりづらいですが、この幅では私のベンちゃんはギリギリ。奥で左に曲がっておりますが、その後すぐに砂利道になりました。国道から灯台までの林道が整備されたのは2001年のこと。それ以前は1時間半かけて歩いて登っていたようですよ。あたりはヒグマの生息地。怖かったでしょうねぇ。私が訪れたおよそ1ヶ月後に、さらに舗装工事がされたとの記述がありましたから、今は上までずっと舗装されているのかな?
20100501434.jpg
 カーソルを動かしたので現在位置を示す三角が見えませんが、Gのすぐ下辺りにいます。灯台と3つの岬。よそで見る茂津多岬灯台は綺麗な青空のもとのすがすがしい写真でしたが、私のは
20100501435.jpg
ちょっとどんよりですね。
20100501436.jpg
 昭和12年からあるんですねぇ。灯台守が住んでいらっしゃったようです。一度は日本一の座を譲り渡したようですが、21世紀になって再び・・・・・なんかこんなのインチキですよね。どこぞのナンチャラツリーと同じでばかげてます。こんな海面と建物の最上部の差で争うのではなく、単純に一番高いところに建っている、つまり土台部分と海面の差で競えばいいのにねぇ。これなら変な付け足しはなしですよ。
20100501437.jpg
この山頂部にはご覧のようにちょっとした広場と、
20100501438.jpg
東屋もあります。東屋の写真の中央、白い壁の上にちょこっと出ている屋根が私の車。さっきの広場が写っている写真の左にある白い軽自動車は私がここに着いたときから停めてあった車。5月頭にあんなところで・・・・・山菜かな?それとも川でもあって渓流釣りでもしてたのかな?

 茂津多岬関連で色々調べていたら興味深い話が見つかりましたが、なんせ資料が限られているというか、1つしかないもんだから真偽の判断が付かず。ここで触れるのはやめておきましょう。

 最後に、茂津多岬を海上北から撮影したモノを
motuta.jpg
【2010/12/18 19:23】 岬巡りの旅 日本海沿岸編 | トラックバック(0) |
コメント(0)
comment
投稿













管理者にだけ表示を許可する




trackback
trackback url ↓
http://f515.blog17.fc2.com/tb.php/1711-aa9dbb3c



| ホーム |
アクセスカウンター

アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

CalendArchive

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
独身・フリー
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
独身生活
26位
アクセスランキングを見る>>

最近のコメント

リンク

※半年間無更新で削除してます。再開しましたらご連絡くださいね。

このブログをリンクに追加する

左クリックで餌をあげてね

ブログ検索


Copyright(c) Ktaro All Rights Reserved /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。