ぶつぶつ・・・。 第173話 武威岬
ジャンルわけなんてできないですね。「ぶつぶつ」ですから・・・。
No,

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
No,1743

第173話 武威岬

武威岬 撮影場所~積丹町来岸町にある港 余別漁港来岸分港というのかな?
20100501701.jpg
 今回の武威岬も
「合ってんのか?この写真で・・・・・」
と自信がなくなり、かなり調査しましたよ。いや、保存してある画像の順番としては武威岬で合っているはずなんですが、何度も申し上げたとおり海岸線には名もない突端がいくつもありまして、一つ間違えればどんどんずれてくる。しかも行ったのは昨年5月で記憶も薄れてきている。
 ということで、今回は武威岬がどうこうという話ではなく、『ここは武威岬なのか?』という路線でお話を進めて参りたいと思います。
 まずはこの辺の地形から確認してみましょう。
20100501706.jpg
もう一回今日の写真を見てみましょう。
20100501701.jpg
 私の認識に間違いなければ、『ここが武威岬だ』と思って車を降り立ったこの場所は余別漁港来岸分港なんです(本港はワリシリ岬にある)。この写真には右側に閉鎖されたトンネルが、そしてそれよりも海側には閉鎖されていないトンネルが確認できます。このあたりを細かく見ていくことで、ここが武威岬かそうでないかを判断できるんじゃないでしょうか?
 これまでもこの国道229号線にいくつもあった『豊浜トンネル崩落以後、見直されて新設されたトンネル』というのはすべて、もとあったトンネルよりも内陸部にあります。つまり、今この写真で言えば新しいトンネルは古いトンネルよりも右にあるはず。でも閉鎖されていないトンネルが見えるのは左側。しかも閉鎖されていないトンネルは閉鎖されているトンネルに比べてとても小さい。平成のこの時代に新しくトンネルを掘るというのに、前のトンネルよりも小さく作るなんて考えられない。どうやらあの穴が開いているトンネルは、閉鎖されたトンネルよりもさらに前に使われていたトンネル、旧旧トンネルということになりそうです。実際、このあたりには現在使われている平成完成のトンネル、それ以前まで使っていた昭和完成のトンネル、さらにはそれ以前の大正完成のトンネル。そしてそしてその前には車両の通行ではなく単に歩行者を海水に浸すことなく渡らせることだけを考えて作られた明治完成のトンネルがあるということが調査の結果わかりました。
 それでは先ほどの地図をさらに拡大して、現在の国道とそれ以前の道路を確認してみましょう。
20100501704.jpg
 前にも一度登場して触れました、この梅雨前線のような印。ハッキリ確認したわけではありませんが、恐らくこれは、現在使われていないけど道路そのものが残っている場合に使われている地図記号かと思われます。東側はともかくとして、西側から考えればトンネルが閉鎖されている向こう側はどうでもいいから道路も残っている、そのように考えるのが無難でしょう。現役で使われている武威トンネル(3代目。2代目が昭和完成、初代が大正完成。明治完成のものは特に『武威トンネル』という名が付けられていなかったらしい)が完成したのは2002年の3月。それ以前は昭和完成の3つのトンネルが使われていました。その3つがあったと思われる位置がコレです。
20100501705.jpg
 ここで言う『旧武威トンネル』というのが2代目のことです。この地図には紹介されていませんが、左端にある短いトンネル、来岸トンネル(2代目)を東に抜けてすぐにあった来岸分港に立ち寄り、東北東に武威岬を見ている、そのつもりで撮影した写真があの写真。詳しく解説を入れればこうです。
20100501707.jpg
 でもそうなると、左側に見えるはずの灯台はどうしたのかな?昭和のトンネルの塞ぎ跡がもう一つぐらい見えてもいいんじゃないかな?という疑問が出てくるのですが、そんな疑問はもう一枚残されていた『引き』の写真で解消されました。
20100501702.jpg
 左に赤い灯台が確認でき、遠目になった分見づらくなりましたがふさがれたトンネル跡の数も一致しました。細かく説明入れればこうなります。
20100501709.jpg
 武威岬よりも西側にもう一つ突端部(岬名はわかりませんでした)があるはずですが、今の『ひき』の写真で言うと幌内府トンネルを示している直線と大正期の武威トンネルを示している直線の間にsの境目があるはずです。ちょっと遠目過ぎてわかりづらいですけどね。
 トンネルと呼んだか隧道と呼んだかまで正しく表記していないのですがとにかく!私の中ではこの岬が確かに武威岬であることが確信に変わりましたよ。一つ、不安が解消されました。
【2011/01/20 04:36】 岬巡りの旅 日本海沿岸編 | トラックバック(0) |
コメント(0)
comment
投稿













管理者にだけ表示を許可する




trackback
trackback url ↓
http://f515.blog17.fc2.com/tb.php/1743-2a33524a



| ホーム |
アクセスカウンター

アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

CalendArchive

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
独身・フリー
49位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
独身生活
28位
アクセスランキングを見る>>

最近のコメント

リンク

※半年間無更新で削除してます。再開しましたらご連絡くださいね。

このブログをリンクに追加する

左クリックで餌をあげてね

ブログ検索


Copyright(c) Ktaro All Rights Reserved /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。