ぶつぶつ・・・。 第177話 マッカ岬
ジャンルわけなんてできないですね。「ぶつぶつ」ですから・・・。
No,

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
No,1755

第177話 マッカ岬

マッカ岬 撮影場所~幌武意漁港に行く道の途中
20100501851.jpg
 画像にマウスポインタを合わせていただければ、この画像ファイルのナンバーが出てくると思いますが、ようやくです。ようやく2010年5月1日に訪れた最後の岬、マッカ岬です。ちょっとこのときの旅を思い返してみましょうか。あれは昨年の4月29日。十勝にたどり着いた頃に突然の大雪に見舞われ、高速道路だというのに時速30kmで走ることを余儀なくされました。いや、私は道東人で安全第一の人間ですからスタッドレスを履いていたんですよ。この地に移り住んで早20年。ゴールデンウィークを40cmの積雪が襲うなんてのも経験してましたから
「夏タイヤに履き替えるのはゴールデンウィーク明け」
というマイ・ルールがあります。このときもスタッドレスを履いていましたが、問題は私以外の車。前を走る車、明らかに夏タイヤでした。あのねぇ、テレビでは天気予報と言って今日、どんな天気になるのか教えてくれる便利な情報源を朝から何回も放送されているわけですから、そういうのちゃんと見て周りに迷惑掛けないでいただきたい。
「(^-^*)なんとかなるさ」
とやってきてもいいですが、だったら周りに迷惑掛けないように下(一般道)を走るか、ハザード付けて路側帯によけろってはなしですよ。そうしたら私はスタッドレスでぶ~んって・・・・・、いや、いいんです。仮に路側帯によけたとして、私のグリップサイン丸出しスタッドレスじゃどうにもならなかったはずですから・・・・・。あんたが30kmで走ってくれたおかげで私の中ではあの大渋滞を
「(゜▽゜;) おっ、俺じゃないからな。前の、前の夏タイヤの車のせいだからなっ!」
と、責任転嫁できたわけですから・・・・・。
 さて、マッカ岬について軽く復習しておきましょうか。というのも、今まで何度も耳にした名前ですからね。『マッカ』と名の付く岬は北海道だけをザッと見てもつあります。増毛町岩尾のマッカ岬、つい最近ご紹介したばかりの神恵内村珊内のマッカ岬、そしてこの積丹町幌武意のマッカ岬です。
※赤い文字は、それぞれクリックするとそこを訪れたときの記事が別ウィンドウで開きます。
 確か私の中では、『マッカ』はアイヌ語で『尻尾』を示すという結論に達したんでしたね。今回のこの写真も、本当にマッカ岬なのか自信は無いんですよ。なんたって9ヶ月も前の話ですから。でも、カーナビをヘッドアップ(進行方向が上に来る表示の仕方)にして、現在位置である△と、目的である岬を直線で結んだとき、その間に遮る突端(名もない岬)が無いことを確認して撮影しているので、たぶん大丈夫のはずなんです。
 ところが厄介なのは、こうやって遠方まで出向いても岬が見えない場合がたまにあって、そういうときは岬がある方向にカメラを向けて写してくるんですよ。その、『見えなかったとき』の画像がどれだったかまではメモが残ってないんですねぇ(残ってないというかメモしてない)。ということで、今ある物で検証しましょうか。
20100501852.jpg
 これが今目の前にしている岬。マッカ岬ではないかと思っている岬です。過去2回のマッカ岬のうち、増毛のは国道の迂回によって側面からの撮影ができませんでしたが、ちょっと前に紹介した神恵内村のものと見比べれば、同じように一度絶壁が海に落ち込んだ後もう一度上に上がっている、いわゆる『尻尾型』にはなっています。じゃ、地図での位置関係はどうなっているかというと
20100501856.jpg
これ、幌武意漁港だと思うんですが、その防波堤のうち、東西に延びている方の東の延長線上にマッカ岬があることがわかります。写真の方はというと
20100501853.jpg
現在位置が地図での目線と違うので縦横があっていませんが、先ほど地図上で東西に延びていた防波堤は左下から中央部へ伸びて写っています。確かにその延長線上にありますね。本当はもっと下まで降りていってあの防波堤の先端から撮影したかったのですが
20100501854.jpg
なんだか混雑していますね。互いに関係ない釣り人同士だったらそこに私が入っていっても関係ないでしょうが、なんか嫌な雰囲気だったんですよ。あ、この人達がというより、私が勝手に
「みんな、互いに馴染みの地元民じゃないのかな?」
と思ったわけですよ。そんなところに新参者の私が入っていったならば、『なんだ?コイツ』と視線の集中砲火を浴びるのは明らか。しかもこの防波堤の根本を見てみると
20100501855.jpg
あの人達がみんな漁港関係者だった場合、何言われるかわからないのでやめましたよ。あ、繰り返しますが、そういう人たちが居たというのではなく、知らない土地なので私が勝手と思っただけです。本当はみんな心優しく出迎えてくれたかも・・・・・ま、それはないとして、私なんか気にも停めなかったかも知りませんね
【2011/02/01 07:00】 岬巡りの旅 日本海沿岸編 | トラックバック(0) |
コメント(0)
comment
投稿













管理者にだけ表示を許可する




trackback
trackback url ↓
http://f515.blog17.fc2.com/tb.php/1755-14e17726



| ホーム |
アクセスカウンター

アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

CalendArchive

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
独身・フリー
49位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
独身生活
28位
アクセスランキングを見る>>

最近のコメント

リンク

※半年間無更新で削除してます。再開しましたらご連絡くださいね。

このブログをリンクに追加する

左クリックで餌をあげてね

ブログ検索


Copyright(c) Ktaro All Rights Reserved /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。