ぶつぶつ・・・。 第192話 畚部(フゴッペ)岬
ジャンルわけなんてできないですね。「ぶつぶつ」ですから・・・。
No,

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
No,1778

第192話 畚部(フゴッペ)岬

畚部岬 撮影場所~余市町畚部洞窟付近の海岸
20100502096.jpg
※クリックすると別窓で拡大されます

 一昨年に訪れた知床半島北側のウトロにはゴジラ岩なるものがありましたが、これも負けてないですねぇ。海中より細長くそびえ立っていたり、前回お伝えした大黒岩のように足下がメチャメチャ細かったりという奇岩はよく見ますが、岬全体がこんなにも削れているパターンは初めてですね。
20100502094.jpg※クリックすると別窓で若干拡大され、さらに地図に解説が加わります

 前回お伝えした烏帽子岬から東側、まずはオトドマリ岬、そしてシリパ岬を無視してここまで来てしまいました。途中、旧下ヨイチ運上家を見るためにモイレ山近辺をグルリと一周しておきながら、そこがモイレ岬だとは知らずに通り過ぎてしまいました。つまり3つの岬をすっ飛ばしたのです。訪れていた当時も、少なくとも2つの岬をすっ飛ばしていたのは承知していたので、この畚部(フゴッペ)岬を撮影した場所から念のため西側も写してはいるのです。
20100502097.jpg
 撮影当時は
「これって何岬かな?意外と近くから撮影できる岬だぞ?」
なんて思っていましたが、もう一度さっきの地図をクリックしてもらえればわかりますが、これを撮影した場所から西側にこれっぽっちの距離を移動した場所にあるのはモイレ岬ではありません。モイレ岬なら麓に色々建物があるはず。となるとこれは、撮影場所のちょっと西にあるほんの出っ張り。もしもモイレ岬を写しているとしたら
20100502099.jpg※クリックすると別窓で拡大します

もっと奥の、あの霞んだ岬でしょう。さらに奥はシリパ岬の東側、余市港辺りになるのかしら?

 さて、読むのも難しい畚部(フゴッペ)岬ですがこのフゴッペ。どうもアイヌ語が語源であると言うこと以上はわかっていないようです。なんか、なまりすぎているんですって。でも、住んでいる誰かに聞けばわかりそうな・・・。だって近所にある岬や川の名前がフゴッペですよ?日本にいてフゴッペって違和感ありまくりでしょう?絶対親とかに
「フゴッペって何?どういう意味?」
って聞きますよねぇ。近くに学校もあるみたいだけど、その辺でハッキリしたことわかんないのかな?
【2011/02/23 06:33】 岬巡りの旅 日本海沿岸編 | トラックバック(0) |
コメント(0)
comment
投稿













管理者にだけ表示を許可する




trackback
trackback url ↓
http://f515.blog17.fc2.com/tb.php/1778-a2e07867



| ホーム |
アクセスカウンター

アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

CalendArchive

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
独身・フリー
48位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
独身生活
25位
アクセスランキングを見る>>

最近のコメント

リンク

※半年間無更新で削除してます。再開しましたらご連絡くださいね。

このブログをリンクに追加する

左クリックで餌をあげてね

ブログ検索


Copyright(c) Ktaro All Rights Reserved /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。