ぶつぶつ・・・。 第208話 松前さくら祭り前編
ジャンルわけなんてできないですね。「ぶつぶつ」ですから・・・。
No,

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
No,1832

第208話 松前さくら祭り前編


20110505056.jpg
Ktaroです。今年の5月の話、まだ終わってないんでお話ししてもいいですか?


 思えば昨年2010年4月29日。それまでかたくなに避けてきた『フロなしトイレなし』の宿でしたが、さすがに1軒しかなければ避けられずに泊まった旅館。しかも函館よりもまだ遠い松前に桜を見に。ところが出発日には十勝辺りで大雪に見舞われ、到着した松前にもまだ春は来ておらず桜は冬桜が数本咲いているだけ。しかも民営の駐車場に騙されて500円取られながらも松前公園までたくさん歩かされる羽目に合う。松前とはとんでもないところだと思いながらも、やはり一度は桜を見ておかなければとリベンジに行ったのが今年の5月。今回はゴールデンウィーク後半で行ってきましたよ。
 まず旅館に行く前に立ち寄った道の駅からの景色が冒頭の写真。今回はしっかり桜が咲いていることがすぐに確認でき、やや予定よりも早い時間でしたが早速旅館に向かいました。しかしながら旅館はもぬけの殻。玄関は開いているものの誰も出てこない。仕方がないので荷物は車の中に入れたまま、早速松前公園へ向かいました。前年は近いのにもかかわらず車で行って騙されたので今回は最初から徒歩で向かいました。全部歩いたって5~6kmぐらいでしょうからね。

20110505057.jpg
 まずは旅館正面の坂を石階段で登ったすぐのところ。北海道最南端の駅(だった)松前駅跡地です。バイクやジープに多いのですが、こういう記念碑と自分の愛車を一緒に撮影しようと真ん前に駐車し、撮影し終わっても歩いてどっかに行っちゃってしばらくよけないというマナーの悪い観光客対策で書かれた文字なのでしょうが、書いた場所が悪いためかかえってそれが邪魔だったりして・・・・・。でも、真ん前には車はありませんでした。ちょいと横には数台ありましたけどね。たぶん地域住民の青空駐車ではないかと。
 どうやらこの石碑のすぐ後ろ、桜の木よりも手前側に駅舎があったようなんですが、今は跡形もありません。1988年の松前線廃止とともに無くなったようです。確か国鉄が民営化されたのがその前の年だったと記憶しておりますが、郵政もそうですが、果たして民営化は正解だったのでしょうか?敗戦から必死になって立ち直り、地方でもようやく便利になってきたところでの切り捨て。お国にお金が無いのはわかるけど、果たして国策でつぎ込んだ原発にはいくら費やしたのか。あるいは何百人の待っているNASAの宇宙飛行士の順番をすっ飛ばしてでも乗せてもらっている日本人宇宙飛行士。あれにいったいいくら払っているのかなどなど、先に見直すべき所はもっとあったはずだと思うんですけどねぇ・・・・・。

20110505058.jpg
 石碑の後ろに見えていた桜並木です。もう少し狭ければ函館のあの通りにも匹敵するほどの・・・あ、ちょっと短いか。正面の建物のところで終わっているのが見えちゃってますものね。函館のは確か終わりが見えなかったような・・。

20110505059.jpg
 そこから唐津内沢川を渡り松城小学校を右手に見る辺りに左手にあるのがここ、専念寺です。浄土真宗北海道最古のお寺で結構お布施で稼いでいたようですが、大きな火事に2度も遭い、建立当時のものはほんの一部しか残っていないようです。先ほど述べた松前線、大戦中に朝鮮人や中国人を酷使して引いた路線のようですが、それによって亡くなった方々の慰霊碑もあるようです。

20110505060.jpg
 こちらはさくら橋。下を流れる小松前川やその周辺に建つ民家の頭を越える橋。さくらまつりの期間中は車両通行止めになり、歩行が困難な方を乗せた車だけが通れることになっているのですが、私がここを通ったときも門番のおじさんの停止命令を無視して猛スピードで高級車が入っていきましたよ。ああいうの、事故ればいいのにね。あ、ダメか。ここから落ちたら下に民家があるんだもの。

20110505061.jpg
20110505062.jpg
20110505063.jpg
 ご覧いただいたのが光善寺に咲く血脈桜(ケチミャクザクラ)。樹齢はおよそ280年以上。今から230年ほど前に本堂の改築のために切り倒す話が持ち上がった。いざ明日切り倒すとなった夜中、住職の夢枕に桜模様の振り袖を着た女性が立ち、自分は明日死ぬ身であるから血脈(あの世へ行くための手形の役割を果たすと言われているもの)を与えてくれと懇願した。住職が理由を聞いても話さないし夜も遅いから明日にしてくれと言っても、明日では間に合わないと言って帰らない。仕方が無く本堂へ行って血脈を用意して授けるといなくなったという。
 翌朝、木を切り倒すために桜の木に近づくと枝の間になにやら白いものが垂れ下がっている。よく見るとそれは昨夜授けた血脈だったという。切り倒すのをとりやめ盛大に供養した・・・・・というのが血脈桜と言われる所以。松前に多く咲く南殿(なでん)はすべてこの血脈桜を親木としているらしいが、他の南殿でここまで樹齢の高い木はないらしい。幾度かの火事に見舞われてもうこの木はダメではないかという状態になっても復活をして今に至るらしいです。

20110505064.jpg
 こちらは光善寺のお隣の龍雲寺。血脈桜が雌花であるのに対してこちらには雄花である蝦夷霞桜が生えていて、なんでも2本は地下で根がつながっているとかいう噂があるのですが、え?桜ってそうなの?銀杏だっけ?雄と雌があるって聞いたことあるけどねぇ。まぁ、噂だから。
20110505065.jpg
 なんか種類も違うみたいですが、さて見てみましょうかぁっ!
20110505066.jpg
 えぇ~と、こちらは遅咲きの桜のようで、5月6日の段階では咲いていませんでした。話によると5月半ば過ぎのようです。
 で、こちら龍雲寺にはもう一つ見ものがありまして、それがこちら。
20110505067.jpg
 シロバナタンポポです。日本でも西の方では珍しくもないのでしょうが、北海道では確認されているのがここだけだそうですよ。大人になってからはあまり外を歩かなくなったので今はどうなのかわかりませんが、私が小さい頃は黄色いタンポポが2種類咲いていましたよ。春になって比較的早くに咲く茎の太いものと、それらが綿毛を飛ばす頃になっても黄色い花のままのもの。どちらかが外来種なんですよね、きっと。近所に女の子がたくさんいたのでそのうちの誰かにタンポポの花冠の作り方を習ったけど、外来種のタンポポだと茎が細くて作りづらかったような、そんな記憶があります。


20110505068.jpg
20110505069.jpg
 中央にちょこっと水面が見えると思いますが、これは月琴堀(げっきんぼり)。明治に入って発布された城取り壊し令によって松前城も跡形もなく消え去ったようですが、数年後に有志を募って公園として再構築。この堀は元のお城の外堀の一部を利用したもののようです。
20110505070.jpg
20110505071.jpg
20110505072.jpg
 龍雲寺の裏手にあるのが、松前藩主松前家の菩提寺である法幢寺(ほうどうじ)。こちらは昨年見て回ったので素通り。その裏手にある北鴎碑林も素通り(だって石碑が建ち並んでいるだけなんだもの・・・)。松前公園の北の端まで登って参りました。第2公園のある方ね。そこで小学生の遠足とすれ違いました。この日5月6日は連休の中にぽつりと1日だけあった黒日。小学校さんもまともに授業やるよりは行事って考えたんでしょうね。3空年生、中学年といった感じでしたが、最近は子どもの見た目も幼くなってきていますから案外あれで5年生ぐらいだったのかも知れませんね。近づいてくるにつれてだんだんと列の後ろの子が前の子の横に、その後ろの子がまたその横に、といった具合に広がって来ちゃいました。先頭を歩く担任の先生が後ろ向きに歩きながら
「(`□´)人通りが多いところはまっすぐ歩きなさいって言ってるのに、歩けないのかなぁっっっっ!」
と、言葉自体は抑えながらも強い口調で注意しました。それを聞いてハッとした子ども達はいそいそとまたまっすぐな列に戻ります。今日一日歩いてきて、何度も何度も同じ事を言ってきたんだろうなぁって容易に想像がつきました。
((⌒-⌒)頑張れぇ~、若い先生よ。人目を気にしていつもと違う指導をすると、子どもはそういうのすぐ見抜くからねぇ。いつもどおりでいいんだよ。)
とほほえましく見ていたのですが、私と同じ方向に歩いていた、年の頃なら60~65といったところのおばちゃん達が、
「(`ε´)もうちょっと違う言い方、できないのかしらねぇ。」
ですって。ほんとにもうっ!孫を年金で釣って、娘に
「(*`∧´)もう、お母さんったら甘やかさないでよっ!」
とか怒られてそうな輩が口を出すもんじゃありませんよ。

20110505073.jpg
20110505074.jpg
 松前公園北東にある新桜見本園からの緩い下り坂。桜のトンネルという名前通りの景観ですね。まだちょっと満開には届いていないかな。満開ともなれば見事なんでしょうね、きっと。

20110506001s.jpg
20110506002.jpg
20110506003.jpg
 お弁当を欲しがる・・・と言うよりも狙っているカラス。おばちゃん、カラスに名前付けて話しかけていましたよ。カァスケだったかカンスケだったか・・・。

20110506004.jpg
 あ、これは見事な木ですね。アングルだってなかなかじゃないですか?電線が入っちゃっているのが残念ですが。
20110506006.jpg
 場所によってはピンクの電線の所もあります。果たしてコレは目立たなくなっているのか、逆に目立っているのか・・・・・。

20110506005.jpg
枝垂れ桜?って書いてあるのかな?枝が垂れてればみんな枝垂れ?

20110506007.jpg
 こちらはちょいと珍しい桜です。
20110506008.jpg
同じ木から2色の花が咲いている桜で
20110506009.jpg
ね?2色のさく・・・・・・・これ、梅ですねぇ。どうりで調べても見つからないはずだ。名前は『御所錦』ですって。京都からもらってきたみたいですよ。元はピンクの梅だったようですが、だんだんお年寄りになってきて今じゃ白いお花の方が多いんですって。白髪みたいなもんなのかな?

20110506010.jpg
 松前神社の所までやって参りました。こちらも梅で、臥龍梅ですって。徳川さんとこの家光さんがくれた梅のようで、300年ほどでこの倍の大きさまで育ったところ、龍が横たわっているかのごとくに見えたからこの名前が付いたとか。昭和29年の台風で倒壊し、半分になっちゃったそうです。半分でも立派ですよねぇ。
 ちょうど真ん中から向こうに見えているのが縁結びの木。
20110506011.jpg
 つながってますでしょう?もともとは2本のイタヤカエデだったようですが、成長の途中でくっついたらしいです。ま、木の栽培には『接ぎ木』と言ってよそから持ってきた枝を切り込みに差し込んで別の木に一体化させる技法があるようですから、それに似たことが自然と起きたんでしょうね。

20110506012.jpg
 松前神社の前にはもう、松前城が建っています。絵はがきだとかはここからの風景なのかな?ま、絵はがきは見たことがないんですが、ここから見て左側から撮影しようとすると電線が入っちゃうし、向こう側は土地が急に低くなっていてベストポジションがありません。最初にお見せした道の駅から望遠レンズで撮影するか、お金払ってはいる敷地内から真上を見上げるように撮影するしかありません。そして右側からは・・・・・あれ?お城の西側からは見たことがないなぁ。でも、お堀があるのはここだけですからね。たぶんここが一番いい場所だと思います。

20110506013.jpg
20110506014.jpg
 こちらはお城の東側、天神坂門の横に生えている夫婦桜。なんか崖っぷちに生えてるから下から必死になって支えられてましたよ。これは1本の幹から染井吉野と南殿の2種類が生えている、これまた珍しい木。なんでも染井吉野を土台として南殿を挿し木したところ、土台だった染井吉野まで一緒に成長しちゃったんだとか。もしも木にも意識があるとしたら、どんな状態なんでしょうねぇ。
20110506015.jpg
 ここの写真は横650pxに縮小しているからわかりづらいですが、横1260pxの元画像は花1つ1つが醸し出すぶつぶつ感がなんとも気持ち悪いです。

20110506016.jpg
 坂を下ったところには大松前川が流れています。白鳥って結構薄汚れていたりしますが、カモメは本当に白が綺麗ですよねぇ。

 ところで、ここまで地図代わりに使ってきた『旅はさくら色 松前』という、道の駅に置いてあったリーフレットには、食べ物屋さんも紹介されていた。旅も終盤でやや食傷気味。このあと旅館で海の幸を堪能することを考えるとここはあっさりと行きたいところ。早速おそば屋さんに入ることにしました。
 平日の昼過ぎであるというのに中は大混雑。まぁ、松前の年に一度のかき入れ時だものねぇ。厨房の中では普段は別の仕事をしているのであろうおばちゃん達がケンカしながら大奮闘。やれ、アレはまだか?とか、やれさっき自分が受けた注文票はどこ行った?とか。なんだか最初から不安がよぎりました。地元でこんな店に入ったならまず間違いなく注文せずに出てくるところですが、ここは観光地、そして一番旬の時期。どこへ行っても同じであろうと思い、ここで済ませることに決めた。テーブルが空いてはいたが片付ける暇も無い様子。とりあえず案内されるが他人の残した物が目の前にあり、しかもよほど食べ方の汚かった客だったらしく、テーブルの上は尋常じゃない汚れ方。ズボンに滴らないか、袖を汚さないか気にしながらメニューを見る。
20110506018.jpg
 店の様子から考えてもう少し安くてもいいような気もしますが、もしかしたら観光時期用に高値で設定してあるのかな?それにしても、戦後から昭和終盤にかけては物価って恐ろしく上がったじゃないですか。戦後の復興に加えて角栄さんの列島改造論も手伝ってね。でも平成になるかならないかあたりからほとんど変わってないですよねぇ。まぁ、自動販売機のジュースが100円だったのが120円になったぐらいかしら?ポテトチップスが100円じゃなくなったのはもっと前でしょう?電化製品に至っては逆にどんどん安くなってますよねぇ。でも、麺類ってすごく値上がりしたと思いませんか?今から25年前、私が高校生の頃は学校の近くのそば屋でもりそば、290円でしたよ。ラーメンだって500円あったら食べられた。今みたいにあんなに身体に悪そうな感じにしなくていいから、安く食べたいですね。
 ようやくおばちゃんがやってきました。注文票を無くしたおばちゃんを怒っていたおばちゃん。この人はバイトじゃないのかな?とりあえず残り物を下げてテーブルを拭いてくれたところで注文です。品物はコレ。
20110506017.jpg
 まぁ、ここに入る前から決めていたんですけどね。『人気』って書いてあるでしょう?昔はこういう他人の意見は全く無視していました。だって他人がおいしくても私にもおいしいとは限らないでしょう?事実、かつてはまずかろうがどうであろうが『おいしい』って宣伝されてましたものね。今は結構正直。テレビ番組なんかではハッキリとまずいとは言わなくても『おもしろい味』とかって表現しますものね。まぁ、今でも旅行するって誰も行かないような岬ばっかり回っているわけで、ディズニーランドとかそう言うところは行きたいとも思わない。でもこのときはみんなと同じ、観光客が集まる時期に観光客として行ったのだからみんなに合わせるのもアリかなって。ま、価格が千円近かったのにはビックリしましたが、御祝儀みたいなものですよ。
 おばちゃん、私の注文を聞いた後、他のお客さんから『まだか!』って文句言われてました。ここでさらに不安を感じましたが、まぁ混んでることだし。
 20分ほど待ったでしょうか?私よりも後に入った客にそばが出ました。というのもおばちゃん、店に入ったときに私が声を掛けたにもかかわらず、私の所にこないで先にそっちの注文聞きに行っちゃってたんですよねぇ。ま、その時点でこうなることはわかっていたので特に新しく不安に感じることはありませんでしたよ。店のアチコチから
「まだなのぉ~?」
とか
「あっちのお客さんよりも私たち、先に来てるんだけど。」
という訴えが続々と出てくる。そのおかげで私が怒ることはなかったんですが、これだけ文句が飛び交うとなるともう少しまじめに仕事やってもらいたいですねぇ。あれじゃぁ、勝手に客が来て、そんで店の人間が気づいた順にどんどん喰わせて金取って・・・と、そんな感じだもの。
 その後も次々と私の後に入ったお客にそばが出る。おばちゃん・・・・とういかほとんどおばあちゃんなんだけど、忙しいから仕方がないと言い聞かせて腹が立つことを押さえていたのですが、待ち時間が1時間を過ぎたところで席を立ちました。そこでまたしても他のお客の所にそばを持ってきたおばちゃんと目が合う。一瞬考え込んだ様子のおばちゃんでしたが数秒後、
「あぎゃっ!」
とんでもなく昔に注文を受けた客であることを思い出したようだ。もうそれからはU字工事ばりの
「ごめんねぇ~ごめんねぇ~。」
の連呼。まぁ、私もあとは夕方の夜桜見学まですることがなかったからもう一度席に座る。そしておよそ3分後。おばちゃん、やればできるじゃないの。
20110506019.jpg
でも、なーんか汚らしいんだよなぁ。納豆、端っこにくっついてるし、この画像ではわかりませんがお椀の周りもベチャベチャなんですよ、水気で。ま、味はご想像にお任せしますよ。普段だったらこれに820円は・・・・・出さないかなぁ。
【2011/09/25 17:57】 岬巡りの旅 番外編 | トラックバック(0) |
コメント(4)
どりーみー/ Ktaro/ shion/ Ktaro/ 
comment
♥  こんばんは
桜はいつみてもいいですうね

ご質問の件。
もしやクリックしても大きくならないと感じていらっしゃるのではないでしょうか?
有る程度より大きなものは縮小されていますよね。画像の上に+マークがあるので
別窓の物をさらにクリックすると大きくなりますが。
そのことではないならごめんなさい。

テスト記事
http://dreamy.blog2.fc2.com/blog-entry-190.html

【2011/09/26 20:58】 url[どりーみー #JalddpaA] [ 編集]
----------------------------------------
♥  To どりーみーさん
 早速のお返事、ありがとうございます。そうそう、こういうこのです。ただ、教えてもらって早速やってみたときに、表示が何か違って・・・。クリックしたものの表示ではなくて本来650pxの画像が貼り付けられるところに小さなアイコンが出てきてその下に何故か画像アドレスが。で、アイコンクリックしたら大きいのは出てきたんですが・・・・・。
 管理画面上はそうなるのかな?それとも言われたとおりにアドレスを入れてなかったのかな?
 次回もう一度試してみますね。

【2011/09/27 06:24】 url[Ktaro #xs9SEtpE] [ 編集]
----------------------------------------
♥  
こんにちは(^-^)
今年もお花見行かずに終わってしまいました(/_;)
いろんな桜、綺麗ですね。白いたんぽぽ、初めてみました(・o・) 
最後のお蕎麦、かわった蕎麦ですね。
お汁がないように見えるんですけど、混ぜて食べるみたいですね。
これで、千円近いのは、ちょっと高いですよね(;^ω^)

【2011/09/28 14:41】 url[shion #-] [ 編集]
----------------------------------------
♥  To shionさん
 おはようございます。高いでしょう?ここまで高くなる具材は入っていないと思うんだけど、やはりあれですね。ホテルで缶ビール買ったらものすごく高い、アレと同じ発想なんですよ、きっと。
 もう少し綺麗に(器のまわりの水気を拭くとか)して出してもらえばまずくはないんですが、やはり価格が・・・・・。

【2011/09/29 06:57】 url[Ktaro #xs9SEtpE] [ 編集]
----------------------------------------
投稿













管理者にだけ表示を許可する




trackback
trackback url ↓
http://f515.blog17.fc2.com/tb.php/1832-21cbcba3



| ホーム |
アクセスカウンター

アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

CalendArchive

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
独身・フリー
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
独身生活
22位
アクセスランキングを見る>>

最近のコメント

リンク

※半年間無更新で削除してます。再開しましたらご連絡くださいね。

このブログをリンクに追加する

左クリックで餌をあげてね

ブログ検索


Copyright(c) Ktaro All Rights Reserved /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。