ぶつぶつ・・・。 イクラ 2011
ジャンルわけなんてできないですね。「ぶつぶつ」ですから・・・。
No,

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
No,1836

イクラ 2011

 例年と違って今年は季節が進むにつれてだんだんと生筋子が高くなってしまっている状況で、未だに500g程度しかイクラの醤油漬けを作れていないKtaroです。昨年なんかこの時期にはもう5kgぐらい作って同僚にばらまいていたというのに、今年は高くて買えないんですよ。
 昨年の例で言うと、豊漁も手伝って粒の小さな下級品だと札幌の卸売りスーパーで100gあたり140円前後。祖父母の13回忌にでも参加してみようとたまたま実家に帰宅したところで発見して大量に買ったのでした。そうではなくて本来私が住んでいるこの町で、しかも粒の大きな良品であれば、100gあたり298円ぐらいから始まって248円ぐらいに落ち着く。たまにセールで198円になるといった感じ。
 ところが今年は、まず100g348円から始まりました。そして先月タイムセールで298円になっていたのを見つけたのでとりあえず500gほど購入。
「タイムセール始まって1時間以上経ってるのに結構残ってるナァ。こりゃ売れ残って賞味期限最終日に半値になるパターンだな。」
とたかをくくっていたのですが、そもそもタイムセールだってことを忘れていました。セール時間が終わった瞬間に100g398円に値上がりし、結局半値になる頃には売り切れていて買えませんでした。そして今日、午前中に見た価格は100gあたり480円。コレはもはや生筋子の値段ではありません。膜と筋をとったいわゆる『バラ子』の価格です。
「(゚ペ)どうなってんだろ?」
と思って秋鮭について検索したところ、どうやら震災によって出漁できる船が減ったため、ロシア辺りでの漁獲制限がかけられているようです。3月7日あたりのニュースでは『今年も豊漁!』みたいに伝えられているのですが、4月か5月あたりではそのような報道になっていました。じゃ、そんなとこまでいかなくとも、日本の河川に遡上してくるやつを定置網で獲ってるんだからそれは・・・・・と思ったら、今年遡ってきてくれるはずだった鮭の稚魚を放流したのは平成19年。この年、水温が低かったために稚魚の多くはダメになってしまったようで、要するにダブルパンチってわけですよ。
 しかしまぁ、いつまで北方領土はロシアなんだ?とか思いながら今日はその、タイムセールで500gほど買ったときのイクラをご覧いただきましょう。

20111008001.jpg
 はい、もうこれ筋をとったところね。カメラ新しくなったからちょいと端折りました。汚したくないんでね。古くからの方々にはもう伝えましたね。鮭の卵は70度でも煮えません。熱めのお湯にジャボンと入れることで膜が縮み外しやすくなります。我が家では給湯器での温度調節ができて、一番高いのが75度でその下が60度。なのでいつも60度に設定してやっています。あの、お風呂で45度って言ったらお湯を動かされると結構アチチチチってなる温度ですから、コレ見て真似される方、60度のお湯にどぼんって手入れたらやけどしますからね?徐々にならしてくださいよ。白っぽくなっているのも気にしない気にしない。後で戻りますから。
 外すときの表現ってどう言ったらいいのかなぁ。つぶつぶが膜の裏側にくっついていますからそれを、緩衝材のあのプチプチを両手の親指でプチプチするときみたいに持って、親指をつぶつぶと膜の間に滑り込ませれように・・・・・あの、やってみればわかりますよ、えぇ。

20111008004.jpg
 これ、もうタッパーに入れてお醤油入れて一晩経ったやつです。所々見える白い部分は煮えちゃったのではなく、バラ子にしているときに浸透圧で破れてしまったつぶつぶの皮です。醤油に漬ける前にボウルの中で泳がせて念入りに筋やら膜やら取るんですが、その作業をしている間もどんどん潰れていきますから、全部なくすのは至難の業です。まぁ、たまにお塩を投入しながらやったりもしますが、あまり効き目はない感じ。小さなゴミも残さず取ろうとするとどうしても、水を流しながらやるのでね。

20111008005.jpg
 今回はトラウトサーモンお刺身用ブロックを買ってきて漬けを作り、親子丼にしてみました。右は見たとおりのアサリのお吸い物です。右下は・・・・・お酒じゃなくて白ワインだったかな?以前はウニだったらウニのみ!イクラだったらイクラのみ!ってのが好きだったんですが、加齢とともにやはり好みも変わってきましてねぇ。小学校5年生か6年生の頃、父と釣りに行った帰りに小樽あたりの海岸沿いに出ていたドライブイン。まぁ今はトンネルの造り直しによってそのドライブインがあった場所には近寄れもしないのですが、そこでたしかウニ丼が1杯1000円でした。丼にご飯が盛ってあり、もう一つの丼にほぼ同量のウニが盛ってある、そんな時代でしたが苦もなくそれを食べきっておりました。そしてそれから25年、30年と経った最近、そのウニの半分にも満たない量で3800円もするようなウニ丼を、『くどいな・・・』と思うようになってしまったこの身体。正直、イクラだってそんなに好きな訳じゃないんですが、せっかく自分で作れるようになったわけだし同僚には喜ばれるわけだし・・・。ということで作ってますよ。

20111008006.jpg
 今回ご飯も酢飯にしてありまして、真ん中には柚子胡椒を乗せてみました。アレ、さわやかになっていいですね。子どもは好きじゃないかも?

20111008007.jpg
 これ、その3日後ぐらい。サーモンをブロックで買ってあったの忘れてて、で見てみたら賞味期限を1日過ぎていたので念のため焼きました。漬けにしてから焼きました。以前なら魚介類の賞味期限切れなんてすぐ捨てて浮いたのですが、同僚の若・・・・・くもないんだけど私よりはずっと若い女の先生が、前の日に買ったサンマを刺身で食べた、というのを聞いてそれならこれもいけるかな?と思ってね。


 あ、こうしてブログに載せる写真は適切な大きさに加工してから掲載予定日を元にしたファイルナンバーを付けてフォルダに保管しているのですが、歴代のイクラ丼の一部(近年のがない)があったのでついでにご紹介しておきましょうか。昔は全部サムネイル表示で、クリックすると拡大するパターンで載せていたので、これらの写真はクリックすると大きくなりますよ。意味もなくね。
20050101001_20111009011943.jpg
 ファイルナンバーによればこれは2005年1月1日ってことになってるんですが、違うなぁ。働き始めてからの17年間は全てお盆と正月は実家に帰省しているんですがこのお椀の下のテーブルは以前使っていた我が家のテーブル。それにブログを始めたのが2005年7月ですから、恐らく最初の頃ファイルナンバーではなく1枚1枚名前付けて(イクラ丼 とかね)て、あとからリネームしたときに月日がわからなくなっちゃった、そんな感じかな?いずれにせよ、私が作ったイクラ丼の中でも古い方の作品。このときは鮭フレークを使っていますね。イクラ自体も私が作ったかどうかは不明です(といっても2005年の記事をあさればわかるはずですけどね)。

20060126009_20111009011958.jpg
 こちらはウニ・イクラ丼。2006年の1月の作品です。イクラもウニも少なめでご飯が見えちゃってるから、これぐらいなら今でも食べられそうです。しかし、ウニがまずそうですねぇ。コレ、上から醤油かけちゃったんだったかな?やはりウニは黄色でないとねぇ。


20071018001.jpg

 これは2007年10月のもの。あ、マット引いてる~。持ってるのに最近は使わなくなっちゃったなぁ。やはり一つ一つ手をかけるべきですよね。


 ってことで、もっともっと作っているんですがブログ用フォルダの中に残されていたのはこれだけです。もしも、もーしもお暇でしたらカテゴリ『料理奮戦記』で記事を絞ってご覧になっていただくと、他のものも出てきます。でもまぁ、レシピを意識している場合が少ないので、その上での料理ネタなんか読んでもおもしろくはないでしょうねぇ。
【2011/10/09 01:50】 料理奮戦記 | トラックバック(0) |
コメント(0)
comment
投稿













管理者にだけ表示を許可する




trackback
trackback url ↓
http://f515.blog17.fc2.com/tb.php/1836-333bb3c7



| ホーム |
アクセスカウンター

アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

CalendArchive

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
独身・フリー
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
独身生活
26位
アクセスランキングを見る>>

最近のコメント

リンク

※半年間無更新で削除してます。再開しましたらご連絡くださいね。

このブログをリンクに追加する

左クリックで餌をあげてね

ブログ検索


Copyright(c) Ktaro All Rights Reserved /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。