ぶつぶつ・・・。 コットンマウス病
ジャンルわけなんてできないですね。「ぶつぶつ」ですから・・・。
No,

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
No,392

コットンマウス病

 痛々しい写真を掲載したおかげでとなりのコリドラスのちえさんにご助言いただいたカラムナリス病の疑い。私も調べてみたところ、
「感染部位によってはコットンマウス病とも呼ばれる。」
の1文を発見し、
「間違いないな。」
と考える。まさに口元に綿毛がついているような状態である。
 カラムナリス病とは、滑走細菌類の一種のフレキシバクター・カラムナリスが感染して引き起こされる(私にはこの、滑走細菌類という言葉の意味がわからないが)、細菌性の病気。14℃~35℃の範囲で活性化するため、温度上昇による治療は無理。薬浴もしくは塩水浴もしくはその両方で治療することになる。

効果があるとされる薬品
 色々と調べてみたが、現在のところカラムナリス病の特効薬は無いということで、様々な薬について、その使い方が紹介されている。

●グリーン・F・ゴールド・リキッド
 本来はエロモナス属による穴あき病に用いる薬だが、説明書きにある規定量を投薬してこの病気の治療にも有効的らしい。薬浴期間は5~7日間。

●パラザン&パラザンD
 組成がグリーン・F・ゴールド・リキッドと同じオキソリン酸で、使用方法も同じく規定量を投薬。薬浴期間は・・・、この薬、持ってないのでわからないです(;´д` )

●エルバージュエース
 非常に強い薬だそうです。主に鯉・鮒・金魚の養殖場にて広く使われている薬のようですが、熱帯魚に使用する場合は水60リットルに対して0.5gを投薬。ただし、とにかく強い薬なので3分の1の量で様子を見た方がいいらしいです。薬浴期間は24時間。
 オトシンクルスやエビが入っている水槽には絶対に使わないでください。すぐ死に至ります。

●ヒコサンZ
 昔でいうところのマカライト・グリーン溶液です。白点病治療が主な用途ですが、尾ぐされ病や水カビ病にも効果があるようです。水10リットルに対して6ミリリットルを投薬。しかし持続期間が短いようで、2日後に症状の改善が見られないときには水を全換えして再度同量の投薬を行います。

●ホルマリン
 原因菌の死滅の期待ができるものの、ハッキリ言って魚も死んじゃうことが多いです。以前、ディスカスの体調を整えるのに数滴加えただけでも幸子さんのヒレがボロボロになったことを考えると、使用は控えた方がいいと思います。


 とまぁ、色々あるようですが、すべて初期症状に効果的なだけであり、中期から末期の場合はすでに手遅れであるとの記述が目立ちました。


その他の参考事項
 カラムナリスの薬浴を調べていたら、他にも色々参考となる話が出ていましたのでまとめておきます。

●カラムナリス菌は塩に弱い
 0.5%程度の塩水では元気でいられるカラムナリス菌も、2%塩水では死滅したそうです。ただし2%という数字は魚にも影響があるでしょう。1%で進行が抑えられるようですので、徐々に濃度を高くし、且つ短時間の塩水浴にとどめてれば、案外薬よりも効果的かもしれません。0.5%ならそのまま1ヶ月放っておいても平気な魚たちも、2%での薬浴は1時間が限界のようです。

●色素は光で分解される
 様々な色素系の薬(グリーン、ブルー、イエロー)は皆、光によって分解されてしまうそうです。よって色素系薬品での薬浴中は蛍光灯をつけない方がいいでしょう。

●ワクチンとして・・・
 カラムナリス病で死んだ病魚をミンチにして餌に混ぜ込み与えることで、発病率は与えなかった場合の約6分の1まで低下するそうです。でも、ミンチにするのはちょっと・・・。 



 よく耳にしていた尾腐れ病、エラ病、そして口腐れ病。すべて同じ菌による病気で、個体によって発病部位が違うことがわかりました。我が家での現在の治療は、病魚を隔離するのではなく水槽全体にグリーン・F・ゴールド・リキッドを投薬しております。なんとなく、ロングノーズ・ジュリーのエラが赤い気がしますので・・・。さらにらんちゅう達にもこの病気は多いようです。
最初の紹介写真
20060412001.jpg


投薬18時間後
20060415162810.jpg


投薬38時間後
20060415163051.jpg
 なんとなく、なんとなくではありますが、口先のフヨフヨしていた患部がなくなりつつあるように思えます。薬の種類によっては濾過槽の活性炭に吸収されてしまうものがあるので止めていた濾過器ですが、水中の浮遊物が目立ってきたので先ほどから始動。焦ってまた薬殺してしまわないように、他の魚の様子を見ながら来週の水曜の夕方には水替えをしようと思います。
【2006/04/15 16:38】 お魚物語 | トラックバック(0) |
コメント(4)
かな/ Ktaro/ ちえ/ Ktaro/ 
comment
♥  
写真で見るだけですが
良くなってるようでほっとしました…
よくなりますように…

【2006/04/15 16:56】 url[かな #-] [ 編集]
----------------------------------------
♥  To かなさん
 えぇ、ホントに。なんとか回復してもらいたいものですよ。
 たかが魚、されど魚。しかし、お金のかかる趣味を再開しちゃったなぁ・・・。

【2006/04/16 01:06】 url[Ktaro #xs9SEtpE] [ 編集]
----------------------------------------
♥  
少しでもお役にたてたなら幸いです。
でもよくここまで調べましたね!
私も知らないことがたくさんありました。

写真を見ると確かに回復傾向にある気がします!
ステくんの背びれを見るとピンと立ってるし
まだ末期という症状じゃなさそうなので
完治する可能性は充分あるとおもいますよ!

【2006/04/16 23:08】 url[ちえ #IWyEs4Ik] [ 編集]
----------------------------------------
♥  To ちえさん
 ありがとうございました(^―^)。
 今のところ、目に見える改善はさほどないものの、とりあえず進行は抑えられているようです。カラムナリスは感染力の強いものと弱いものの2種類があるようで、強いものなら1日前後で☆になるようですから、焦ってまた自分で薬殺してしまわないように、水の汚れに気をつけながら看ていこうと思っています。 

【2006/04/17 06:17】 url[Ktaro #xs9SEtpE] [ 編集]
----------------------------------------
投稿













管理者にだけ表示を許可する




trackback
trackback url ↓
http://f515.blog17.fc2.com/tb.php/392-01c1ad93



| ホーム |
アクセスカウンター

アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

CalendArchive

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
独身・フリー
59位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
独身生活
36位
アクセスランキングを見る>>

最近のコメント

リンク

※半年間無更新で削除してます。再開しましたらご連絡くださいね。

このブログをリンクに追加する

左クリックで餌をあげてね

ブログ検索


Copyright(c) Ktaro All Rights Reserved /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。