ぶつぶつ・・・。 C型肝炎
ジャンルわけなんてできないですね。「ぶつぶつ」ですから・・・。
No,

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
No,481

C型肝炎

 どうもー( ̄o ̄)。毎日授業満杯状態なのに今日は2・3時間目だけ。昼から帰ってやろうと企んでいるKtaroだす。ただ今22日午前7時43分。急いで書きましょう。
 先日、とりあえず原告側の勝訴という形で判決がでましたね。昭和62年以降は国も危険性を知っていたので国・会社両側の責任を認め、60年から62年の間は国は知らなかったから会社の責任だけを認める判決。60年以前に感染させられた人たちについては誰の責任も認められなかったため、原告敗訴と同じですね。
 私はというと、
 フィブリノゲンを投薬されたかどうかはわかりませんが、感染の疑いのある血液を輸血されています。数年前にその疑いのある血液を使用していた病院名が公開されましたが、私が手術を受けた病院もしっかりストライク。なんで入院したかと申しますと、中学時代に一瞬だけ陸上部だったんですが、幅跳びの練習中に砲丸の玉をぶつけられました。ちょうど腰骨とあばらの間に当たったので骨折はしませんでしたが、よくよく考えれば内臓を守っているのがあばら骨。弱点を突かれたようなものです。中学男子の砲丸の玉は10kgだか13kgだかあるのですが、それを投げた物が当たりました。私が跳び終わって砂場の端まで来ていたから安心して投げたようですが、私にジャストミートしました。もしかして狙った?(笑)
 当たった直後はものすごい衝撃でぶっ倒れてしまい、しばらく起き上がることができませんでしたが、数分後に起き上がる。当時の部長(3年生)が『大丈夫か?』とふざけながらボディブローしてくるんですが痛い痛い。その後も練習を続けさせられ、家に帰る頃には痛くて痛くて腰を伸ばせない状態。家には誰も居ず、なんとか2階の自室に行くもものすごい尿意が。またやっとのことで1階に降りてトイレに行くと出てきたのは血。ぶつかってから3時間以上経っていましたから固まってポークビッツみたいになっているものもありました。恥を忍んで自分で救急車を呼び病院へ。診察の結果は
腎臓破裂
 ぶつかってから既に4時間以上が経過していたため直ぐに切開されておなかの中全部取り出して検査されたそうです。あ、救急車と同時に親にも連絡してありましたから術中はずーっと見ていたそうです。父曰く、輪切りにされていたそうです。現在もおへその左側から背骨にかけて傷が残っています。

 この時に受けた輸血が感染の疑い十分にありの血液だったわけです。2年ほど前に国が一生懸命検査を受けるように宣伝していたから、術後20年目にして初めてC型肝炎の検査を受けましたが、結果は陰性。まずはホッとしましたよ。ただ検査費4千円が自腹というのがおかしいと思うのですが・・・。
 私が手術を受けたのは昭和59年。
敗訴です(;´д` )

 あれ?でも今回の裁判はフィブリノゲンに関してですものね。汚染血液についてはどうなってんだろう?
【2006/06/22 07:55】 今日のぶつぶつ | トラックバック(0) |
コメント(0)
comment
投稿













管理者にだけ表示を許可する




trackback
trackback url ↓
http://f515.blog17.fc2.com/tb.php/481-fe583428



| ホーム |
アクセスカウンター

アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

CalendArchive

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
独身・フリー
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
独身生活
18位
アクセスランキングを見る>>

最近のコメント

リンク

※半年間無更新で削除してます。再開しましたらご連絡くださいね。

このブログをリンクに追加する

左クリックで餌をあげてね

ブログ検索


Copyright(c) Ktaro All Rights Reserved /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。