ぶつぶつ・・・。 ある日 ドライブ
ジャンルわけなんてできないですね。「ぶつぶつ」ですから・・・。
No,

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
No,945

ある日 ドライブ

 これはいつだったかなぁ・・・。3週間ぐらい前だっただろうか。本州では『紅葉シーズン到来』と騒がれていた頃、コチラでは既に紅葉終了。昔の同僚が、以前勤務していた学校のそばにおいしいワッフルが食べられるところがあるので行きませんか?と、勿論私はワッフルなんぞに興味はなかったのですが、することもないので行って参りました。
 車でひた走ること1時間半。
「こんな道、本に載ってないんじゃぁ・・・。」
っていうような農道を通って到着いたしました。
20071127001.jpg
 もっと引いた写真があればわかりやすかったのですが、ホント、のっぱら(野原)の中にポツンと建っておりました。お店の名前、なんだったかな?風見鶏がどうとか風車がどうとか、そんな名前でしたよ。で、屋根に立っている風見鶏ですが
20071127002.jpg
 この日、結構風があったのですがそんなのまるで無視。どうやら固定されていて動かないようです。
 中に入ると30前後のおばちゃんと40前後のおばちゃん、二人で切り盛りしている様子。席は全て建物の外側を向くように配置されており、私が座った席からは
0071127003.jpg
 こんな感じの風景が一望できました。なんか、木くずで工作してありますねぇ。
20071127003.jpg
 犬に乗った兵隊さん?これ、売り物で1コ7千円ですって。誰が買うんだか・・・。
 空を見るとなんか飛んでいました。
2071127004.jpg
 なんだろう?鳶?もっと拡大できたのですが、動いているもんだからあまり拡大しすぎるとフレームにおさめるのが大変なんですよ。

 メニューを見てみるとほとんどの品物が900円以上。この辺、酪農地帯だから貧乏だというのに、これでやっていけるのだろうか?テーブルにはノートが置いてあり、あの、ホラ、よくあるヤツですよ。お客さんが旅の思い出に書き記すヤツ。注文したピザ(こんなところに行ってピザトースト食べる私はいったい・・・)が来るまで暇だったので見てみると、どうやら街で飲み屋をやっていた娘が地元に戻っていてお店を開いている様子。飲み屋仲間や当時のお客さんらしき人たちの書き込みが目立つ。どうりで値段設定が高いはずですよ。一応メインはワッフルと自家製アイスクリーム、そして様々なハーブティのようですが、私が頼んだのはピザトーストにアイスコーヒー。付いてきたアイスクリームは一緒に行った同僚にあげちゃいました。えぇ、料理、写真に収めていません。


 食べ終わってから帰りに、せっかく来たのだからともう少し足を伸ばしてある場所に行ってきましたよ。
20071127005.jpg
 愛冠(アイカップ)岬です。写真を間違って載せているのじゃなくて、まだこれからですよ?駐車場から550m歩いたところにモニュメントがあり、そこまでの道のりが今のような林なわけですよ。急に切り開けているのは恐らく、冬場の海からの強く冷たい風のためにそれ以上海側には木が生えないのでしょう。
こんな感じ
20071127006.jpg
 『岬』だというのにまだ海が見えませんでしょう?それもそのはず。ここ、断崖絶壁の上なんですよ。そもそも『アイカップ』はアイヌ語で『矢の上』を意味します。つまり矢を射っても届かないぐらい上の方ということなんですが、どのくらい上の方かと申しますと
0071127008.jpg
 あれですね。ちょっとこの写真ではあまり高さが感じられないかもしれないですね。で、そういう意味であるアイカップを、地元で観光に取り入れようとした人たちが『届かぬ想いを、困難を乗り越えて栄冠を得る』という意味で『愛冠』と勝手に漢字をあてがったんですって。
20071127015.jpg
 なんかカップルでここへ来ると永遠の愛が誓い合えるそうですよ。元々の意味を考えれば『失恋』を意味すると思うのですが・・・・・。
20071127007.jpg
 この写真の最後に書いてある日付が平成3年ってのがちょっと気になりますけどねぇ。つい最近ですよね。北海道のこういう場所、観光地として整備されたのってホント最近なんですよ。函館に住んでいた頃、函館にも立待岬ってのがありますが、そこも昔はほったらかしの場所。民家が立ち並ぶ区域を越えると無縁仏のようなお墓が立ち並び、その向こうに立待岬がある。私が函館にいたのは平成元年の2月までですが、その頃はまだ本当に何もない場所でした。この前、夏の旅行の記事で紹介したときはおみやげ屋さんやトイレまである一大観光スポットとなっておりましたがね。この愛冠岬もきっとそうなんでしょうね。平成3年と言ったら私がこの辺にやって来た年ですもの。勿論、『愛冠』と名付けたのはもっともっと昔のことだと思いますが。
20071127016.jpg
 岬の名前とは全く関係ないお話しもありますね。まぁ、敗戦国日本ですからどこの岬にもこういうお話があるんでしょう。
 海には大きな島と小さな島が浮かんでおりましたよ。
20071127008.jpg

200711270081.jpg
 この小さい方、人が住んで居るんでしょうか?それとも何かの工場?こんなところに住んでいたら、小さな津波でもひとたまりもありませんね。
200711270091.jpg
 この船、一体なんなんだと思います?なんか一杯棒が突き出ていますが・・・。釣り竿じゃないですよね。デカ過ぎますもの。


 と、まぁ、ここまでは『愛冠岬』で検索すればどこのHPにも出ているような内容なわけですよ。ただね?『愛』でしょう?『断崖絶壁』でしょう?そうなると当然、 
20071127010.jpg
 こういう道もできるわけですよ。柵の向こう側へ・・・。普段はまったく興味がないのですが、なぜかこの日はこの柵を乗り越えるKtaroがいましたよ。
 一歩乗り越えて左右の写真を撮ってみますと
右(西)
20071127011.jpg

左(東)
20071127012.jpg
 さっきの獣道のようなものが何処まで続いているかと申しますと
200711270101.jpg
 こんな感じで続いているわけですよ。で、よせばいいのに
「(-”-)あの小高くなっているところまで・・・。」
と、足を進めました。で、そこから右を見てみますと
20071127013.jpg
 だんだん『届かぬ想い』っぽくなってきましたねぇ。で、さっきの道はどうなっているのかともうしますと
200701127014.jpg
 ここでおしまいです。ココまで来ると当然
「(-”-)あそこから下の眺めはどうなっていうるのかな?」
となるわけですが、
「(; ̄Д ̄)マテマテ、ココまで来るつもりが無かったのに来ちゃったし、だいたいあそこに立ったのを最後に飛び込んでいるわけだから・・・・・。」
と、その『最先端』に立つことは断念しました。気味が悪いですからね。写真には収めませんでしたが、この『最先端』のように、草の生えていない部分がちょっと丸くなっているような箇所が、このほかにも1つ、2つありました。

 私が17年前にこのあたりにやって来て、最初に愛冠岬について聞いた話は、『カップルで行けば永遠の愛が』だとか『困難を乗り越えて栄冠を勝ち取る』なんて話ではなく、『想いが届かず失恋した者や、添い遂げることができなかった男女が・・・・・』というお話しでしたから、この道を見て納得です。無論、皆が皆、そのような人たちが歩いたから獣道ができたのではなく、私のようなアホがのぞき込むために歩いたこともあるでしょうし、その昔アイヌ民族の部族間闘争でここが戦場にもなったとのことですから、そういうのも含めて未だに道があるんでしょうけどね。親の反対で添い遂げられない男女がいたなんてのは昭和初期以前の話でしょうし・・・。
 でも、自殺は報道されませんから、もしかしたら今でも・・・・。


 最近、調子が悪いんですが、もしかして私、誰か連れ帰ってきちゃった?
【2007/12/02 00:26】 今日のぶつぶつ | トラックバック(0) |
コメント(2)
愛里/ Ktaro/ 
comment
♥  
工エェ(´Д`) Ktaroさん、そういう冗談はやめてくださいって!! 冗談じゃなかったら…ガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルブル

ワッフル美味しそう♪と思っていたのですが、Ktaroさんは召し上がらなかったんですね。北海道の酪農地帯では確かに少しお高いですよね。それにしても犬に乗った兵隊さん(?)は何なんでしょう。最初、木の切り残し?それにしては形が良すぎるなぁーっと思ってましたよ(笑)

【2007/12/02 21:24】 url[愛里 #OdXeW056] [ 編集]
----------------------------------------
♥  To 愛里さん
 この辺、というか、やはり北の果て北海道。あちこちに心霊スポットがありますよ。それも四国やそこらの歴史的に意味あるスポットとかではなく、ただ端っこで寂しいところだからって感じの物が多いですけどね。ホラ、青森の最北端には恐山とかありますでしょう?そこに住んでいる人たちは恐山が最北端だからとそのような場所にしたのでしょうが、ソレより北に住んでいる私らはいったい・・・。

【2007/12/02 22:19】 url[Ktaro #xs9SEtpE] [ 編集]
----------------------------------------
投稿













管理者にだけ表示を許可する




trackback
trackback url ↓
http://f515.blog17.fc2.com/tb.php/945-e7f37c58



| ホーム |
アクセスカウンター

アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

CalendArchive

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
独身・フリー
60位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
独身生活
36位
アクセスランキングを見る>>

最近のコメント

リンク

※半年間無更新で削除してます。再開しましたらご連絡くださいね。

このブログをリンクに追加する

左クリックで餌をあげてね

ブログ検索


Copyright(c) Ktaro All Rights Reserved /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。